お風呂リフォームは何年目でするのが理想?

お風呂リフォーム —

「自宅のお風呂は築15年・・・そろそろカビや汚れ、劣化が目立ってきた。」
「築20年以上経つ家のお風呂だけど、まだ使えるからリフォームは先でもいいのかな?」

このように、お風呂のリフォーム時期を決めるのはなかなか悩んでしまいますよね。

今回は、お風呂リフォームの目安となる時期や、リフォームすべきサインをご紹介します。

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

お風呂のリフォームは何年目でするのが理想?

お風呂のリフォームは、約20年を目安に考えるのが理想だと言われています。

お風呂などの水回りは劣化や腐食がしやすいところです。
見た目にはまだ大丈夫、と思われていても、内部はボロボロ・・・ということも。
こまめに掃除していても、日ごろの掃除だけでは落としきれない汚れも目立ってきます。

また、湯をわかす光熱費もリフォームを考えるポイントの1つ。
20年前の設備だと、光熱費が余計にかかっていること、結構あるんです。

現代は省エネ化が進んでいるので、お風呂の湯沸かしも少ないエネルギーで行うことができます。
新しい設備を導入することで水道代・光熱費が抑えられるので、古いお風呂で暮らすのはもったいないです!

お風呂リフォームの適切な時期を大切にしてほしい理由

「お風呂のリフォーム時期の目安は約20年、というのはわかったけど、まだまだ見た目はキレイなんだよなあ。」
そんな気持ちも、わかります。

ただ、やはり気にしてほしいのが、お風呂は家の一部であるということ。
お風呂の内部が腐食していると、家の構造も腐食が進んでしまいます。
集合住宅の場合は水漏れなどを起こす可能性もあり、そうなると、お風呂だけの工事では済みません。

少し早めのリフォームをすることで、余計に費用がかさむのを防いでくれます。

また、築15年以上たつとカビも目立ってきます。
カビ取り剤で漂白したり、塗装しなおしたりして見えなくしているというご家庭もあると思いますが、カビは一度できると無くなりません。

漂白剤で見えない状態にはなっていても、菌はあるので要注意。
カビが蓄積したお風呂では、健康に害を与えかねません。

 

お風呂リフォームの時期を見極めるポイント

d6d0f2cbde66bde1767b2d6f1cc002d8_s

それでもまだ「リフォームを迷っている」もしくは「まだ築15年経ってないけどリフォームは必要?」と、お悩みの方に、リフォームを考えたほうがいいポイントを3段階でご紹介します。

 

【リフォームすべき度1】リフォームの要・不要の判断をしてもらうレベル

メンテナンスをまったくしておらず、築20年以上経っている場合は、使っている人も気づかない不具合が生じている可能性もあります。
部品の交換や小さな補修で済む場合もあるので、リフォーム会社に相談してみるといいかもしれません。

 

【リフォームすべき度2】リフォームを視野に入れて考えたほうがいいレベル

「カビが目立つ(カビ取り剤を塗布しても頻繁にカビが生える)」
「お湯の温度調整がうまくいかない」
「取り付け金具のサビが目立つ」
「排水溝の掃除をしているにもかかわらず、ニオイや水の流れにくさが気になる」
「換気扇の不具合」

これらのような症状があるときは、リフォーム会社に相談をするなど、リフォームを前提として計画を立てましょう。

 

【リフォームすべき度3!】すぐにでもリフォームしたほうがいいレベル!!

「浴槽にヒビや破損が生じている」
「水漏れしている」
「お風呂の床や壁にヒビがあったり、浴槽と壁の間にすき間ができたりしている」
「お風呂に隣接する場所の床がへこむ」
「お風呂の外の壁に水がしみ出ている」

このような症状が見られるときは、お風呂だけでなく、周りにも腐食が進んでいる可能性があります!危険!

 

【番外編】こんなときもリフォームの時期

家族の高齢化で手すりが必要になったり、寒過ぎる風呂が気になったり、深すぎる浴槽に入りにくくなったりして、ライフスタイルに合わなくなったとき。

また、入浴するのに不自由はないけど、小さな汚れや傷が気になってしまって「なんとなく替えたい」と思うとき。
そんなときは、築年数にかかわらず、お風呂のリフォームを考えるサインです。
ゆとりフォームさっぽろのお風呂リフォームについてはこちら

まとめ

・お風呂のリフォームは築20年が目安
・家全体のダメージになる前にリフォームしよう
・リフォームで水道、光熱費が下がることもあり、お得
・お風呂のカビは蓄積している。健康に害が出る前にリフォームを。
・リフォームのサインを見逃さずに!腐食のサインには特に注意
・ライフスタイルの変化や今のお風呂に不満があるときもリフォームを考える時期

 

この記事を書いた人

ゆとりフォームさっぽろ

ゆとりフォームさっぽろ
リフォームに関する豆知識を定期的に更新していきます。