お風呂の水漏れの原因と対策法を解説!注意点もご紹介

お風呂リフォーム —

こんにちは!ゆとりフォームさっぽろです。

 

お風呂で水漏れが発生して困っているという方はいませんか?

水回り設備を長く使っていると破損や劣化で水漏れが発生する可能性があります。

水漏れの場所や原因によっては自分で対応することも可能ですよ。

 

今回のコラムではお風呂での水漏れについて、水漏れが起こりやすい箇所や原因別にその対処法をご紹介!

自分で対応できないケースや、その場合の修理費用の目安などもお伝えします。

お風呂

 

 

お風呂の水漏れをケース別にご紹介!

お風呂の水漏れでよくあるケースとその対処法をご紹介します!

 

蛇口からの水漏れ

お風呂の蛇口からの水漏れは、吐水口からポタポタ水漏れするほか、パーツの接続部分から水漏れするというケースなどがあります。

 

考えられる主な原因とその対処法は以下の3点です。

  • ・接続部分の部品がゆるんでいる:接続部分のゆるみやナットやボルトを締め直す
  • ・パッキンなどの消耗品が劣化している:消耗品を交換する
  • ・蛇口本体の劣化または故障している:蛇口を交換する、専門業者へ相談する

 

蛇口を長く使っていると経年劣化で部品が破損したり、緩くなったりします。

部品の消耗による水漏れの場合は、交換することで対処が可能です。

 

蛇口本体の故障や劣化の場合、蛇口は自分で交換することも可能ですが、交換作業が不十分だと、わずかな水漏れから、家の柱などの大切な部分を腐らせてしまうおそれがあります。

そのため、交換作業は専門業者へ依頼するのがおすすめです。

 

シャワーからの水漏れ

シャワーからの水漏れでは、シャワーヘッドからポタポタと水が垂れるほか、ホースや接続部分から水漏れするというケースがあります。

 

主な原因と対処法は以下の通りです。

  • ・シャワーヘッドに水が残っている:シャワーヘッドを取り外して中の水を抜く
  • ・ホースが破損している:ホースを交換する
  • ・接続部分のゆるみやパーツの劣化が生じている:パッキンなどの消耗品を交換する、接続部部分を締め直す

 

シャワーホースも経年劣化が水漏れにつながります。

パーツや消耗品、ホース自体の劣化が見られたら、交換を検討しましょう。

 

換気扇からの水漏れ

お風呂の換気扇からポタポタと水漏れしている場合、考えられる原因は2つです。

  • ・換気扇が劣化している:換気扇を確認して劣化状態によっては交換を検討する

 

換気扇が古くなると換気能力が低下し、湿気がたまって結露が浴室に垂れてくる場合があります。

 

浴槽からの水漏れ

浴槽からの水漏れは、排水口からの水漏れ、給湯器からつながる給排水口からの水漏れ、浴槽のひび割れからの水漏れの3つのケースがあります。

 

排水口や給湯器からつながる給排水口からの水漏れで、部品やパーツの劣化などが原因の場合は部品を交換することで対応が可能です。

 

しかしそれ以外のケースや、浴槽のひび割れから浴室へ水漏れしているようなケースでは自分で対応は難しいです。

早めに専門業者へ相談しましょう。

 

また、ユニットバスの場合は専門業者へご相談ください。

 

壁や床からの水漏れ

壁や床から水漏れがある場合は、壁面や床下の配管などが破損している可能性があります。

自分で対応は難しいため、こちらも早急に専門業者へ相談してください。

 

こちらも、ユニットバスの場合は専門業者へご相談ください。

 

 

お風呂の水漏れで専門業者に依頼したほうが良いケースとは?

お風呂の水漏れの原因がパーツや部品の劣化なら、自分でも対応が可能です。

 

しかし先ほどお伝えした中にもあった通り、蛇口や換気扇本体の故障や劣化、浴槽のひび割れ、床や壁からのひび割れなどは自分での対応は難しいため、専門業者へ相談することをおすすめします。

 

「どこから水漏れしているのか分からない」「場所は分かるが自分で対応ができない」という場合も、もちろん相談して大丈夫です!

 

なお、専門業者へ水漏れの修理を依頼した場合の費用目安は以下の通りです。

  • ・シャワーの水漏れ修理:10,000~30,000円程度
  • ・蛇口の水漏れ修理:10,000~50,000円程度
  • ・換気扇からの水漏れ修理:30,000~200,000円程度
  • ・浴槽のひび割れ修理:100,000~500,000円程度
  • ・床や壁の水漏れ修理:30,000~150,000円程度

 

修理費用は業者や修理内容によって異なり、出張費や部品代などが別途かかるケースもあります。

 

トイレやお風呂などの水まわり設備耐用年数は10〜15年程度とされています。

使用期間が長く経年劣化による不調なら、これを機会にお風呂全体のリフォームを検討するのもおすすめです。

 

お風呂全体のリフォームとなるとさらに費用もかかるため、ぜひ「お風呂リフォームでの注意点を知っておこう」のコラムで注意点を確認してみてくださいね。

 

 

お風呂の水漏れ対策の注意点もチェック!

水漏れチェック

お風呂の水漏れを発見したら、水漏れの箇所と原因を確認しましょう。

部品交換などで対処できるならそれでも良いですが、無理をするとかえって悪化したり、さらに費用がかかる状態になってしまったりする可能性もあるので注意してください。

 

交換に不安がある場合や、自分では分からない場合は、専門業者への依頼がおすすめです。

 

専門業者に修理を依頼する場合は、事前に見積もりを取るなど作業範囲や内容、その費用をしっかり確認してから決定しましょう。

作業後のアフターサポートの設定がある業者ならさらに安心ですね。

 

なお、住まいが賃貸の場合は、まずは管理会社や大家さんへ相談しましょう。

通常の経年劣化による破損は、管理会社や大家さんの負担で修繕してくれますので、無理に自分で対応する必要はありません。

 

 

まとめ

●お風呂の水漏れでよくあるケースは、①蛇口からの水漏れ ②シャワーからの水漏れ ③換気扇からの水漏れ ④浴槽からの水漏れ ⑤壁や床からの水漏れ です。

パーツや部品の劣化や接続部分のゆるみなどが原因の場合は、自分でも対処が可能。

水漏れの原因が分からない場合や自分で対処ができないケースでは、専門業者へ相談しましょう。

 

●蛇口や換気扇、浴槽など設備自体の故障による水漏れや、壁や床からの水漏れは、専門業者への相談をおすすめします。

修理費用は箇所や内容にもよりますが10,000〜500,000円程度が目安です。

 

●お風呂の水漏れ修理を専門業者へ依頼する場合は、見積もりをとって作業内容と費用を確認した上で決定しましょう。

賃貸住宅の場合は最初に管理会社や大家さんに相談してください。

 

札幌でお風呂リフォームをご検討なら、ゆとりフォームさっぽろにお気軽にご相談くださいね!

リフォーム事例も豊富にそろえていますので、ぜひお問い合わせください。

お得なチラシ情報も掲載しております。

 

お風呂リフォームプラン

この記事を書いた人

ゆとりフォームさっぽろ

ゆとりフォームさっぽろ
リフォームに関する豆知識を定期的に更新していきます。

関連記事

    関連記事はありません。
閉じる