宅配ボックスの使い方。不在時でも荷物の受け渡しが可能に!

リフォーム豆知識ブログ —

こんにちは!ゆとりフォームさっぽろです。
今回は、今注目されている便利な「宅配ボックス」についてです。

ネットでの買い物も増えた現代は、昔に比べると宅配業者にお世話になる機会が増えた方は多いのではないでしょうか?

ただ、買い物が便利になったのはいいものの、お仕事や外出などでなかなか荷物を受け取れずに再配達を繰り返すなど、受取りに四苦八苦している方もいらっしゃるかと思います。

そんな方にとって、宅配ボックスは留守の時でも荷物の受取りを可能にしてくれる、とても気になる存在ではないでしょうか。

この記事では、宅配ボックスの便利な使い方をご紹介します。

b57c9f5b43b1c4c143f6b8a43d2a6d4a_s

 

 

24時間いつでも受け取り可能!今注目の宅配ボックス

宅配ボックスとは、一定規模以上のマンションなどで普及し始めている、ロッカー型の荷物受取用ボックスです。

配達時に受取人が不在でも、宅配ボックスに配達員が荷物を保管することによって、24時間いつでも都合の良い時に受け取ることが出来ます。

オートロック式のマンションでは、郵便ボックスのあるエントランスなどに設置されていることもあるかと思います。

 
宅配ボックスは、大中小さまざまなタイプがあり、大きいものではゴルフバックでも受け取ることができます。

また、荷物の受け取り以外にも様々なサービスで活用され始めています。
荷物を発送したい時に、依頼主が宅配ボックスに荷物を保管し、配達人が集荷するサービスを始めた配達業者も出てきています。
また、クリーニングの出し受けや、カーシェアリングの鍵の受け渡しに活用できるサービスも出始めています。

 

 

宅配ボックス、受け取る側のメリットは?

dda721a1fccd23080969d211c0c330f8_s

留守にしがちな方にとって宅配ボックスは、とても便利な存在です。
不在だった際の再配達を依頼する手間が不要なうえ、配達される時間帯を意識して日々の予定を立てる必要もありません。

荷物の受取のために時間を制約される、ということが無くなるので、他のことに時間を使えて忙しい方にとっては嬉しいことですよね。

1人暮らしの女性にとっては、防犯面のメリットも感じられます。
女性が1人で暮らしている場合、家に居たとしても、配達員への対応で玄関まで迎え入れることに不安を感じる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、宅配ボックスがあることで玄関まで迎え入れなくても、安心して荷物の受け取ることが出来ます。

女性に限らずとも、お風呂に入っている場合など家に居ても直接受け取れない状況でも、宅配ボックスが荷物を受け取ってくれるのも助かりますよね。

 

配達する側のメリットもある!

宅配ボックスは、受け取る側だけではなく、配達する側にもメリットがあります。
宅配ボックスがあれば、何度も配達する手間もなくなるので、効率的な配達作業が可能になり、配達員の労働時間の軽減にも繋がります。

また、再配達が防げることで、車での配達に必要なガソリンが節約でき、ガソリンの使用量やCO2の排出抑制など、環境負荷を軽減し、エコにも優しいメリットもあります。

 

 

宅配ボックスがあるだけで、受け取り手、配達側、双方がこれだけ恩恵を受けることが出来るなんて、とても有り難い仕組みですよね。

 

 

宅配ボックス使い方は?どんな種類がある?

宅配ボックスの使い方、種類をご紹介します。

使用方法

宅配ボックスの使い方の基本は、受取人が不在の場合に、配達員は宅配ボックスに荷物を保管しますが、その際の保管方法は主に2パターンあります。

1つ目は、配達員がダイヤルなどで暗証番号を設定して宅配ボックスを施錠、不在連絡表に暗証番号を記載して、受取人の郵便ボックスに投函する方法です。
この場合は、受取人は、配達員が設定した暗証番号で開錠して受け取ります。受取証明は、宅配ボックスに印鑑が据え付けられるなどしていて、配達員自身が記録する方法などがあります。

2つ目は、宅配ボックスがコンピューターで制御されていて、指定された手順に従って荷物を保管し、受取証明はレシートなどで発行されます。
受取人は、個別の暗証番号やカードキーを使って開錠して受け取ります。

 

種類

宅配ボックスは、マンション用と戸建用の2つに分かれます。
マンション用はエントランスなどで設置されているタイプが主流ですが、玄関先に箱型の宅配ボックスを格子窓などにチェーンで連結して後付けで設置できる種類もあります。
ただ、この場合はマンションの共用部分を利用することになるので、マンションのルール上問題が無いか注意が必要です。

戸建用では、玄関の壁などに埋め込んで設置するタイプや、玄関先に設置するタイプがあります。
玄関先に設置する場合、箱型でドアノブなどとチェーンで連結させ地面へ直置きするコンパクトなタイプと、頑丈な作りで玄関先に設置するタイプもあります。
戸建でも便利な宅配ボックスをお探しの方は「宅配ボックスのスタンダードNASTA」を参考にしてみて下さい。

 

宅配ボックスが利用できないもの

便利な宅配ボックスですが、利用にあたっては注意も必要です。
生ものや生き物、現金書留などの重要書類、精密機器、危険物などは利用できませんので、宅配ボックスに配達を依頼する場合は、予め利用可能なものを確認しておきましょう。

 

 

まとめ

便利な宅配ボックス。
これまで悩まされていた荷物受取による時間の拘束から解放される手段になります。

不在時や都合の悪い場合でも、荷物の受け取りがとてもスムーズに。

宅配ボックスを設置していないお宅にお住まいの方も、これを機会に便利な宅配ボックスを検討されてみてはいかがでしょうか?

 

この記事を書いた人

ゆとりフォームさっぽろ

ゆとりフォームさっぽろ
リフォームに関する豆知識を定期的に更新していきます。

関連記事

    関連記事はありません。