玄関ドアが開きにくい!原因と対処法とは?

リフォーム豆知識ブログ —

こんにちは!ゆとりフォームさっぽろです。

毎日必ず使う玄関ドア。それが突然開かなくなってしまったら・・・。
急いでいる時や疲れている時、外が寒い時に起きてしまったら、きっと冷静な判断ができなくなりそうですよね。

そうならないためにも、開きにくい玄関ドアは早めに対処をしておく必要があります。

今回は、開きにくい玄関ドアの修理や交換が必要なのか、原因ごとの解決方法をお伝えいたします

door

 

ドアの開きにくい原因がドアクローザーの場合

「ドアが開きにくくなってしまった。」

そんな時、原因として考えられるものはいくつかありますが、その中でも、ドアクローザーというドア部品が壊れてしまっていることがよくあります。

ドアクローザーとは、ドアの上の端角に、ドアの枠とリンク構造になっている四角いボックスのことを言います。

普段あまり意識して見ることはありませんが、ほとんどのドアに付いています。

 

このドアクローザーは、ドアが勢いよく閉まらないにするための役割がありますが、玄関ドアは毎日何度も開け閉めしているので、ドアクローザーは、やはり壊れやすい部分です。

長年使用していると、ドアの開閉のスピードが遅かったり、逆に早かったりと、本来の役割を果たせなくなっていきます。

ドアの開閉スピードは、ドアクローザーの調整弁のネジを回すことで、ある程度ご自身で解消できます。

 

・スピードを遅くしたい・・・調整弁を時計回りに回して締める

・スピードを速くしたい・・・調整弁を半時計回りに回して緩める

 

ドアやドアクローザーに負担がかからないように丁度良いスピードに調整してみましょう。
ドアクローザー本体から油が漏れてしまっている場合は、ドアクローザー自体を交換する必要があります。

ドアクローザーの中に入っているオイルは、ドアクローザーの構造上、補充することができません。

 

 

ドアの劣化による「蝶番」「ドア自体」の変形が原因の場合

蝶番は扉と壁を繋いでいる蝶の形をした金属可動部品です。

ここが経年劣化や強い動作などで傷むと正常にドアは動きません。
ドアの開閉時、変な音がしたり擦ってしまってたりという場合は、ネジの緩み、ネジが取れてしまっている、また、蝶番自体のへ変形が考えられます。

こちらも、緩んでいる程度ならドライバーなど使ってご自身で直すことができると思います。
締めなおす場合は、ドアを正しい位置に戻してから行うようにしましょう。
ネジが緩んでいたり外れてしまっている場合は、少し太いものや長いものに変えて締めると良いでしょう。
蝶番そのものが故障していたり変形している場合は、蝶番を取り換える必要がありますが、ドアとドア枠が離れてしまいます。

ドアはとても重たく一人で行うのは危険なため、二人以上でやるか、できれば、ドアの修繕が可能な専門家に依頼する方が賢明でしょう。

また、経年劣化によるドアそのものの変形やゆがみが原因の場合もあります。

ご自宅の玄関ドアの年数は、どのくらい経過しているでしょうか?
一般的に、玄関ドアの耐用年数は、木造だと8年、金属製だと15年、と言われています。

耐用年数が過ぎているドアの場合は、ドア自体交換することをおすすめします。

 

 

ドア枠の建てつけが原因の場合

house-door

 

ドアそのものではなく、ドア枠の変形が原因でドアが開きにくいという場合もあります。

例えば、地震が原因でドア枠や建物が変形してしまったという場合、ご自身で直すのはほとんどできません。
建て付けが悪い場合はドアごと交換・リフォームすることをおすすめします。

「リフォームなんて大げさな…」と思う方もいるでしょうが、開きにくい状態のまま使い続けると鍵にどんどん負担がかかっていきます。

劣化が激しい場合はドアのリフォームを一度ご検討してみてください。ドアの開閉だけではなく、玄関が寒い問題も解消できるかもしれませんよ。

 

 

ドアのリフォームも検討しよう(ドアリフォームの工程や費用・日数について)

ご自身で修復できなかったり、耐用年数による劣化が原因の場合は、リフォームをしましょう。

ドアそのものをリフォームドアのリフォームの大まかな工程は、3段階です。

 

  1. ドアのみ交換する方法 【施工費用…2万円前後】
  2. 既存のドア枠を生かした「カバー工法」 【施工費用…3〜5万円】
  3. ドア枠を作り直す「はつり工法」 【施工費用…6.5〜7.5万円】

 

1.と2.は非常にスマートな工事を行うため基本的には工事日数は1日で終了です。費用もお安くすみます。

ですが、既存のドア枠を利用するため下見をした際に合わない可能性もあります。
その点3.は一からドア枠を作るのでどんなご自宅にも施工できますが、壁などを壊してドア枠から作り直すため工事には3〜4日かかることがあります。

また費用については、上記の施工費に加えて新しいドアの材料費がかかります。
この頃は、断熱効果のある高機能のものは20〜50万円のリフォーム専用ドアが主流です。

 

 

まとめ

・玄関ドアが開きにくい場合、ドアクローザー、蝶番、建て付けなど、どこかの箇所に不具合が起こっています。
ドアの耐用年数が過ぎている場合は、ドアそのものを交換・リフォームすることをおすすめします。

・玄関ドアのリフォームは20万円台から、日数は一日で施工完了可能ですが、壁などを壊し、ドア枠からリフォームする場合は、3~4日ほどかかります。
ドアの開きにくさ、まずは原因がどの部分なのか、調べてみましょう。

大掛かりな補修についてはやはり一度業者さんに下見に来ておまかせする方がいいでしょう。

玄関ドアのリフォームは札幌地域で実績豊富なゆとりフォームさっぽろにお気軽にご相談ください。

 

 

玄関ドアリフォーム・交換

この記事を書いた人

ゆとりフォームさっぽろ

ゆとりフォームさっぽろ
リフォームに関する豆知識を定期的に更新していきます。

関連記事

    関連記事はありません。