玄関が寒い。断熱リフォームでドアから熱を逃さない!

リフォーム豆知識ブログ —

 

こんにちは!ゆとりフォームさっぽろです。

冬になると、家の中なのにドアを閉めていても寒い…と、よく聞きます。

更に、玄関は外と変わらないくらい冷え込んでいることもありませんか?

 

それは、玄関ドアから熱がどんどん逃げているのが寒さの原因かもしれません。

今回は冬のご自宅を快適に過ごせる「玄関ドアの断熱リフォーム」の工事内容や費用について紹介します。

 

genkan

 

 

寒い原因は玄関ドアから熱が出ているから

省エネルギー建材普及センターによると、家から逃げ出す熱は、全体に対して58%がドアや窓といった「開口部」からと言われいます。

つまり、玄関ではそのドアや引戸が寒さの元となっています。

 

ドアがある以上、温度が下がることは避けられない

当然ですが、玄関はずっと密閉しておくわけにはいきません。したがって外出や荷運び等で玄関ドアを開け閉めした際にどうしても家の中の熱は逃げてしまいます。

また、古い玄関ドアや引戸は気密性や断熱効果が低下しており、閉め続けていても家の熱が逃げていきます。

これでは暖房やストーブを使っていくら暖めても無駄なエネルギーの消費に繋がり、経済的にも悩ましいところです。

 

玄関の日当たりが悪い?

ご自宅の玄関の日当たりはいかがでしょうか?玄関ドアや引戸には採光窓はついていますか?

玄関の照明を消してみてください、家の中でも太陽の光が届きづらく、どんよりと暗い場所ではないでしょうか。

家を建てる時には、リビングやテラスなど太陽の光を取り込みたいスペースが優先して、案外玄関の日当たりは悪いものです。

特に古い玄関ドアには窓がなく板や壁一面でできたようなタイプが多く日当たりをシャットアウトしてしまい、ますます室温を下げてしまいます。

 

金属製の玄関ドアも寒さの原因

ketsuro

 

マンションやアパートでは、建築基準法により防火性能の高い金属製の玄関ドアや窓等を使うことが定められている場合もあります。

金属製は熱を伝える率が高いため、玄関ドアが外の冷気を部屋の中にまで持ち込み、室温を下げやすいのです。

アルミなどの金属製の玄関ドアのご自宅では、冬場の寒い朝に玄関ドアに結露が付いているのを見たことはないでしょうか。

それだけ内と外の熱が移動しているのです。結露をそのままにしておくとサビ等で玄関ドアの素材を傷めやすくしてしまいます。

こういった症状がご自宅の玄関ドアに多く該当するようでしたら、リフォームをして防寒対策を早急に進めることをおすすめします。

 

 

玄関ドアのリフォーム内容や費用

genkan-akarui

 

玄関ドアのリフォームは、大きく分けて3種類。ご自宅の玄関ドアと建物の寸法、また今どんな問題を抱えているかによってどの工法にするか検討してみましょう。

 

リフォーム方法はご自宅の玄関ドアによって選ぶ

 

1.ドアのみ交換する工法

既存のドア枠を使って、同じ寸法の断熱ドアだけを取り付けます。

ドアそのものの価格とその取付費だけでいいので、3つの中で一番安くすみます。

しかし、新しいドアの寸法とあなたのご自宅のドア枠が寸分の狂いもなく合わないといけません。

また、ドア枠の劣化が原因で密閉性や断熱性が不十分な場合は、ドアのみを変えても解決にならない可能性があります。

工事費+撤去費…おおよそ2万円前後

 

2.カバー工法

既存のドア枠を新しい枠でカバーして施工する方法です。

多くの既存の玄関ドアにできる施工法で、なおかつ簡単な養生や工事ですむので原則1日で終わる点が人気です。

注意点としては、今ある枠を覆うように取り付ける分ドア枠が幅・高さ共に少し小さくなること。

また、家によってはどうしても合わせられないところもあるようです。

施工が可能か、どのくらい枠が小さくなるかは、業者さんに一度見てもらう必要があります。

工事費+撤去費…おおよそ3万円〜5万円

 

3,はつり工法

「はつる」とは、構造物を削ったり壊したりする作業のこと。ハンマーやドリルで壁を一部削って、ドア枠も含めて交換します。

したがって枠が小さくなることはなく、段差なども綺麗に仕上がるでしょう。

ただし、工事が大掛かりの為施工期間も長くなる点にはご注意を。また工事費も他の方法に比べ割高にくわえ、ドア枠の撤去費もかかります。

工事費+撤去費…6.5万円〜7.5万円

 

 

断熱玄関ドアの価格は?

多くの断熱玄関ドアは、「LIXIL(リクシル)」、「YKKAP(ワイケーケーエーピー)」、「三協アルミ」の3社の大手建具メーカーで生産されています。

どのメーカーも価格やグレードは様々。おおよそ35万円〜60万円程度の商品価格のものがよく使われるようですが、工務店さんは定価よりも安く仕入れているので見積価格はもっと安くなっているでしょう。

片開き、両開き、子扉付きの差や、採光、採風付きのものまで揃っていますので、ご自宅のお好みやや用途に合わせて選んでみてください。

わからなければ、業者さんに見てもらって最適なものをオススメしてもらうのが良いでしょう。

 

以上を踏まえて、断熱や玄関ドアのリフォーム総額は、大体30〜50万円におさまります。

 

 

まとめ

玄関ドアだけに限りませんが、リフォームは築年数や劣化の度合いなどの状況もご自宅によって様々ですし、寒さや結露などの抱える問題はも様々です。

あなたのご自宅に合った施工方法を適正な価格で工事してもらうためにも、一度プロに見てもらうことが近道です。

その際に症状や心配な点などをしっかり伝えるようにしましょう。

 

玄関のリフォームをご検討の際には、北国の寒さをよく知る札幌地域で玄関ドアリフォーム実績豊富なゆとりフォームさっぽろへ、お気軽にご相談ください。

 

 

この記事を書いた人

ゆとりフォームさっぽろ

ゆとりフォームさっぽろ
リフォームに関する豆知識を定期的に更新していきます。