外壁リフォーム色選び!失敗しないポイントは?

リフォーム豆知識ブログ —

こんにちは!ゆとりフォームさっぽろです。

いざ外壁をリフォームしようとなった時、外壁をどんな色にしようか頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか?

外壁の色は外から良く目立ちますし、一度選んだ色は簡単に変えることは出来ないですから、失敗はしたくないですよね。

今回は、外壁リフォームの色選びを失敗しない為に、気を付けるべきポイントについてご紹介します。

house-modan
 
 

外壁の色選びのポイント

外壁リフォームにあたっての色選びは、日用品などの色選びとは異なるいくつかのポイントがあります。

好みで選ばず、外壁として使用した場合の見え方を考えよう
外壁は、面積が大きいだけに色から受ける印象も強くなり、外壁で使ってみると色に対する印象が大きく変わってくる場合があります。
自分の好みだけを優先せずに、外壁として使った場合にはどういう見え方になるかを把握したうえで、色を選ぶことがポイントです。

 

景観に配慮した色使い

住宅は周辺環境との調和が重要です。
好きな色だからと言って、周囲とのバランスを考えずに決めてしまうと住宅街の景観が乱れるだけでなく、無用なトラブルのもとになる場合があります。
また、景観ガイドラインなど自治体によっては、建物に使える色のルールなどがある場合もありますので、周辺を散歩してみるなど、景観の雰囲気を確認してみましょう。
ガイドラインについて気になる場合は、自治体に確認することをおススメします。

 

汚れや劣化で色が変わることを踏まえておこう

外壁は常に紫外線や風雨にさらされる環境のため、汚れがつきやすく、経年劣化によって色がどうしても変わっていきます。お手入れの手間を掛けたくない場合は、汚れが目立ちやすい色を避けるなど、使用する環境や色によっての注意点を把握して選ぶことをおススメします。
 
 

どんな色の外壁にする?それぞれの色の特徴

外壁の色は、色の相性などデザイン性以外にも、気を付けるべき特徴があります。
色合いごとの主な特徴をご紹介しますので、外壁の色選びの参考にしてみてください。

 

白、黒

白は、多くの色との相性が良く、日本家屋でも洋館風でも良く利用される人気の色ですが、汚れが目立つので、小まめなメンテナンスに注意が必要です。
シックな印象でデザイン性が魅力的な黒は、塗装の劣化によるチョーキング現象やキズなどが目立ちやすくなります。

 

原色系(青や赤など)

発色の良い原色系は、新築当時の鮮やかな色が、紫外線などの経年劣化によって塗装のコーティングが落ちてくると、色褪せや変色が目立ち、築年数以上に古い印象を受けやすくなります。色合いの良さを保つには、定期的な塗り直しなどケアが欠かせません。

 

淡い/薄い色(グレー、ベージュなど)

落ち着いた淡い色や薄い色は、外壁の汚れや傷などが目立ちにくいという特徴があります。また、色落ちによる印象の変化も少ないので、出来るだけ手間をかけずに長く付き合いたいという場合には、おススメの色です。
 
 

外壁リフォームでよくある失敗例

komaru

外壁リフォームの色選びは、失敗しても簡単に塗り直しはできないので、なんとか失敗は避けたいもの。

残念ながら失敗してしまった良くある事例として代表的なのは、カタログや色見本、完成イメージ図を見て万全に準備したにもかかわらず、実際に出来上がりを見るとイメージと色が違うというケースです。
リフォーム業者に対して、「指定した色と違う」と指摘されることがありますが、塗り方が悪いということではなく、指定した通りの色でリフォームしていても起きてしまう場合があります。

また、出来上がりを見て、外壁と屋根やサッシなど、さらには近隣の住宅との色のバランスが悪いと感じるケースもあります。

これらの失敗は、多くの場合は、色選びの段階に要因があります。
こういった失敗を起こさないためには注意点があります。
納得のいく色に仕上がるように、しっかり注意点を確認してみましょう。
 
 

色選びに失敗しないためのポイント

失敗しない為の最初のポイントは、「どのような方法で色を確認していたか」です。
色は、見る環境、つまり光の加減によって見え方が大きく変わってきます。
外壁は外にあるものなので、色見本などで色確認する時は、屋外の光を当てて確認することをおススメします。天候によっても見え方が異なることにも注意が必要です。

また、色見本よりも、はるかに大きい実際の外壁は、「面積効果」によって「薄い」「明るい」「鮮やか」「色合いが強調されて見える」という点にも注意しましょう。

事前に全体像を把握することは大切ですが、シミュレーションなどに頼りすぎずに、実際に町の中を歩いてみるのも良いでしょう。
どのような色が良いか、具体的なイメージを把握し、その色合いを業者にも確認してもらうこともおススメです。

業者によって費用や工期の兼ね合いで対応できるか異なりますが、どうしてもイメージが合っているか心配になる場合もあります。
その時は、「試験塗り」のように試しに一部分だけ塗ってもらったり、中塗り後に一度、見せてもらうということを相談してみたりするのも一つの方法です。
 
 

まとめ

外壁リフォームの色選びは、家の印象にも大きく関わる部分です。

色選びを失敗しないためには、色の特徴を抑えて、きちんと完成をイメージできる方法で確認することが重要です。

また、リフォーム業者とのイメージ合わせも大切なポイント。
外壁の張り替えなどのリフォームには、札幌地域で実績豊富なゆとりフォームさっぽろへお気軽にご相談ください。
 
 

この記事を書いた人

ゆとりフォームさっぽろ

ゆとりフォームさっぽろ
リフォームに関する豆知識を定期的に更新していきます。