対面キッチンにリフォーム。失敗しないポイントをご紹介

キッチンリフォーム —

こんにちは!ゆとりフォームさっぽろです。

最近、主流になりつつある対面キッチン

対面キッチンにしたいなと思っても、リフォームにどれくらい費用がかかるのか、どんなポイントに気を付けるべきなのかは気になるところですよね。

今回は、対面キッチンのリフォーム費用の相場や、失敗しないためのポイントについてご紹介します。

taimen

 

 

対面キッチンのメリット

対面キッチンは、ダイニングに対してシンクやコンロなどの調理スペースが向き合うような形で設置されるタイプの総称を言います。
対面キッチンは、従来主流の壁付けキッチンにはないメリットがあります。

 

お部屋が開放的に

キッチンとダイニング、そしてリビングが一体となった形は、とても広々と感じます。やっぱり開放的な空間でお料理するのは気持ちが良いもの。
視界を遮るものがないので、部屋中を見渡せたりテレビを見ながらお料理なんてことも出来ます。

 

コミュニケーションが取り易い

ダイニングに対して正面を向いてお料理が出来るので、家族やお客さんとコミュニケーションが取り易いというのも嬉しいポイント。
会話をしながお料理を楽しんだり、小さなお子さんがいる家庭では、お子さんの様子を見ながら安心してお料理が出来ます。

 

配膳や片付けがし易い

壁などのダイニングに対して遮るものが少ないので、カウンター越しにテーブルにお食事を出したり、お皿を片付けたりといった作業がとてもスムーズになります。
家族にとってもお手伝いをしやすいので、料理を運んでもらうことをお願いしやすく、お料理する方にとってはとても助かるポイントではないでしょうか。

 

 

対面キッチンリフォームで、こだわりたいポイント

対面キッチンにリフォームする際、失敗しないためのこだわりポイントがいくつかありますのでご紹介します。ご自身の生活スタイルに合わせて、検討してみましょう。

 

カウンターの形状

ダイニングに接するカウンターは、フラットな形が最も出し入れし易いですが、ダイニング側から手元が全て見えてしまいます。気になるという方は、カウンターに少し高さを持たせれば隠すことも出来ますし、もう少し高くするとちょっとした小物を収納することも出来ます。

 

収納

対面キッチンは、整理整頓が出来ないと散らかった印象を受けます。出したものはすぐに片付けられる様にする工夫や見せる収納など、収納面はこだわりの発揮しどころです。

 

配置

コンロやシンクの位置、さらには電化製品に欠かせないコンセントの位置など、お料理している時に使いやすさをイメージしながら配置することは、快適なキッチンには欠かせないポイントです。

 

統一感

リビングからダイニング、キッチンまでが一体となった空間なので、壁紙との色合いやインテリアなど、お部屋の雰囲気がバラバラにならないように統一感のあるデザインにこだわると、より一層おしゃれな雰囲気になります。

 

 

対面キッチンリフォームの注意点

lving

リフォームにあたっての注意点は何と言っても、広さです。
対面キッチンは、壁付けキッチンより広くスペースを使うことになりますので、間取りを十分に検討する必要があります。
家の広さに合っていないにも関わらず、無理に対面キッチンにしてしまうと、調理スペースや通路の幅が足りなくなってしまいます。

調理スペースは、野菜を切ったり盛り付けたり、調理がし易いように、シンクとコンロの間は45cm以上空いているのが理想です。

キッチン内の通路幅は、家族構成やキッチンに出入りする人数を考えて、1人であれば0.8m、2人の場合は1.2m程度が必要になります。
あまり狭いと、しゃがんだ時にお尻が棚にぶつかったり、すれ違いが窮屈になったりしてしまって、かえってお料理がしづらくなってしまいますので設計に気をつけましょう。

 

また、キッチンからダイニングに繋がる部分の通路は、出入りする時に対面キッチンにぶつかることが無いように、90cm程度の幅にするのが目安です。

どうしても家の広さが足りないという場合には、無理に対面キッチンにするのではなく、収納カウンターを設置して、対面キッチン風にするという方法もあります。

 

他にも対面キッチンの注意点としては、調理中のニオイや音。
ニオイや音がリビングに広がらないように、音が静かでもしっかり換気が出来る換気扇の設置、水が跳ねる音を抑える素材のシンクを選ぶなど、生活空間が快適になるように注意しましょう。

 

 

対面キッチンリフォーム費用の相場は?

dentaku

対面キッチンのリフォーム費用の相場は、キッチンの種類によっても異なります。
例えば、壁と接点のないアイランドキッチンと、壁から突き出した様な形のペニンシュラキッチンでは、一般的にはペニンシュラキッチンの方が安くなります。

<例>壁付けキッチンからの対面キッチンにリフォームする場合

・ペニンシュラキッチン
120万~200万円(キッチン本体:50万~70万円、工事費:70万~130万円)
・アイランドキッチン
180万~300万円(キッチン本体:80万~100万円、工事費:100万~200万円)

アイランドキッチンは、キッチンリフォーム部材の中でも高額な化粧パネルを4面に取り付ける必要があったり、レンジフードの価格が高めだったり、配線などを壁から引き込むことが出来ないなど、部材や工事にかかる費用が変わったりするので、ペニンシュラキッチンよりも高めになります。

また、キッチンのグレードや、オプション、リフォーム前の状況によって価格の幅がありますので、一般的な相場だけではなく、実際に家を見てもらうなどして、どの様な要素によって価格が変わる可能性があるのか、事前にリフォーム業者と確認することをおススメします。

キッチンリフォームに慣れていない業者の場合、専門業者に再委託するなどして余計に手数料が発生する場合もあるので、対応実績の豊富な業者に依頼することが費用を抑えるポイントにもなります。

 

まとめ

対面キッチンは、メリットも多く、とても魅力的な存在です。

対面キッチンへのリフォームには、ご自身の生活スタイルやご自宅の間取りに合わせて、どういったリフォームが合っているか十分に検討することが失敗しないためのポイント。

「我が家に対面キッチンは合っているのかな」、「費用はどれくらいになるんだろう」と気になる方は、先ずは専門の業者に相談してみましょう。

 

この記事を書いた人

ゆとりフォームさっぽろ

ゆとりフォームさっぽろ
リフォームに関する豆知識を定期的に更新していきます。