キッチンの耐用年数について。リフォームのタイミングは?

キッチンリフォーム —

こんにちは!ゆとりフォームさっぽろです。

キッチンのリフォームのタイミング、迷っていませんか?

「今のキッチンが古く、老朽化を感じてきたものの、まだ使えそうだし、リフォームはもったいないかも?」
「キッチンはどのくらい持つのか、耐用年数を知りたい。」

このように、毎日何度も使うキッチンだからこそ、リフォームすべきか、我慢して使うか、迷われる方も多いと思います。

今回は、キッチンの耐用年数の目安をご紹介と、リフォームを考えるベストなタイミングについて解説します。

Kitchen renovation

 

キッチンの耐用年数の目安

キッチンの耐用年数の目安は10~20年と言われていますが、一口にキッチンと言ってもいくつかの設備が合わさっているため、一概に「この年数で交換」とは言い切れません。

また、使い方やお手入れの仕方でもキッチンの寿命は変わってきます。

 

キッチンの設備別に見る耐用年数

 

キッチンの設備には、以下のようなものがあります。

・シンク

・水栓

・コンロ

・天板(トッププレート)

・換気扇

・排水管

・食器洗い乾燥機

・収納棚

 

それぞれの設備について見ていきます。

 

【シンク】

耐用年数:10~20年

<交換の目安>

汚れが染みついて取れなくなってしまったり、サビがひどくなったりしたとき。
最近のシンクは奥行きが50cmとたっぷりとってあるのが標準です。大きな鍋が洗いにくいなど、使いにくさを感じたときもリフォームを視野に入れてみられることをおすすめします。

 

【水栓】

耐用年数:10年

<交換の目安>

蛇口から水漏れがする、動かしたときに異音がする、レバーの動作性が悪くなったとき。
シャワー水栓の場合、シャワーの穴にカルキが固まってしまい、水が均一に出ないこともあります。掃除で取れない場合は交換を検討しましょう。

 

【コンロ】

耐用年数:10~15年(ガス・IHともに)

<交換の目安>

ガスの場合、火が付きにくい、五徳が変形している、炎の色がおかしいなどの異変があるとき。
IHの場合は、電源が入らない、温まりにくい、煙が出るなどの症状があるとき。

 

【天板】

耐用年数:なし

<交換の目安>

汚れやサビ、ヒビが入っているなどの症状が出たとき。

 

【換気扇】

耐用年数:10年

<交換の目安>

換気扇の音がおかしい、規則的に回転していないとき。換気扇の油汚れがしつこく、きちんと汚れが取れないときは、換気の効率も落ちるので交換を検討しましょう。

 

【排水管】

耐用年数:10年

<交換の目安>

水漏れしている、異臭がする、流れが悪い。
熱いものを直接流し入れると排水管が傷みやすくなるので、使い方によっては10年もたずに亀裂が生じてしまう可能性もあります。

 

【食器洗い乾燥機】

耐用年数:10年

<交換の目安>

電源が入らない、汚れが落ちない、水漏れが発生している。
皿や箸の入れ方を間違えて部品を破損したり、食器洗い乾燥機専用洗剤以外の洗剤を入れて泡があふれてしまったりしたときは、耐用年数にかかわらず交換を考えるタイミング。

 

修理・交換よりオールリフォームをおすすめする理由

「ガスコンロに不具合があるから、コンロだけ修理や交換を…」と思われる方もいらっしゃいます。他のところは問題無く使えているなら、できるだけ使い続けないともったいないと思われるのかもしれません。

もちろんコンロ部分のみ修理したり交換したりすることはできますが、キッチンの設備自体が古い場合、部品がすでに生産終了になっていることが多いです。

また、修理できたとしても、今度は別の設備に不具合が出ることも十分考えられます。

つまり、修理や交換費用の合計がオールリフォームの場合と変わらない、もしくは高くついてしまうことも十分にあり得ますし、工事日数もそれぞれ余計にかかってしまうデメリットも。
一箇所が新しくなることで、他の部分の古さが余計に目に付いてしまうこともあるでしょう。

費用面、手間、全体の見栄えと使いやすさを考えると、一部の修理や交換よりもシステムキッチン全体のリフォームをおすすめします。

 

キッチンリフォームをするタイミング

Kitchen inconvenience

キッチンをリフォームするタイミングとして挙げられるのは主に以下の3つです。

 

・壊れたとき

・使いにくくなったとき

・気になる部分が出てきたとき

 

壊れたときにリフォームは当然、という感じですね。では、「使いにくくなったとき」と「気になる部分が出てきたとき」についてお話します。

 

まず、使いにくくなったとき。

これは、使う人のライフスタイルの変化などがあります。

小さなお子さんがいる家では、料理をしながら見守りやすい対面キッチンが人気ですが、対面キッチンは場所を取ってしまうデメリットがあります。
お子さんが成長し、キッチンを広々と使いたくなったら壁付けキッチンにリフォームするのもおすすめです。

また、ガスコンロを使われていたご家庭が、火災の心配などからIHコンロに変えられることもあります。直接火に触れる心配もありませんし、洋服の袖に火が移ってしまうのも防げるので、ケガや火事対策にはもってこいです。

メインで使う人が変わったときもリフォームのタイミング。

身長150cmの人に合わせて作られたキッチンは、身長165cmの人には低過ぎて使いにくく、腰を痛める原因になります。世代交代や同居などでキッチンを使うメンバーが変わるなら、キッチンの高さも変えたほうが使い勝手が良くなります。

 

次に、気になる部分が出てきたとき。

これは「なんとなく気に入らない」「もっとオシャレなキッチンで料理したい」なども当てはまります!
こびりついた油汚れやシンクの水あか、サビなど、少しでも気になる部分が出てきたら、料理のたびに気になってしまいませんか?

キッチンは1日に何度も使う場所です。ちょっとでも気になるところがあるなら、良い機会だと捉え、思い切ってお気に入りのキッチンにリフォームするのも素敵です。

最近のシステムキッチンは、驚くほどオシャレで使い勝手も良い商品がたくさんあります。きっと、満足できるキッチンが選べるはずです。

 

まとめ

・キッチンの耐用年数は10~20年。設備によっては10年ほどで傷みが生じてくるものもあります。耐用年数はあくまで目安。使い方によって変わるので、何らかの症状があれば交換を検討しましょう。

・キッチンは一部の交換や修理より、オールリフォームがおすすめ。結果として費用も同じくらいになる可能性が高く、何度も工事をする手間も省けます。

・キッチンリフォームのタイミングは、故障時以外には「使いにくくなったとき」「気になる部分が出てきたとき」。1日に何度も使うキッチン。せっかくなら、ストレスフリーでお気に入りのものを選びませんか?

 

札幌のキッチンリフォームはゆとりフォームさっぽろにお任せください!確かな実績と提案力で、お客さまにぴったりのキッチンリフォームをご提供します。

キッチンリフォームプラン

この記事を書いた人

ゆとりフォームさっぽろ

ゆとりフォームさっぽろ
リフォームに関する豆知識を定期的に更新していきます。