外壁塗装ではシリコン塗料が人気!その理由や注意点をご紹介

リフォーム豆知識ブログ —

こんにちは!ゆとりフォームさっぽろです。

 

外壁塗装で人気のシリコン塗料。

オススメしている業者も多く、広告などで見かける方も多いのではないでしょうか。

評判の良いシリコン塗料ですが、どんなところが人気なのか、本当にいいものなのかが不安という方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで今回は、外壁塗装に使用する「シリコン塗料」について解説します!

メリット・デメリットもご紹介しますので、検討される際の参考にしてくださいね。

塗装工事

 

 

外壁塗装のシリコン塗料とは?種類やグレードもご紹介!

シリコン塗料は、外壁塗装に使われる塗料のひとつです。

外壁塗装に使われる塗料としてよく使われるのが「アクリル塗料」「ウレタン塗料」「シリコン塗料」「フッ素塗料」の4つ。

 

シリコン塗料はアクリル塗料やウレタン塗料に比べると費用は高いですが、耐用年数は外壁で約10年~15年、屋根で約8〜13年と長いのが特徴です。

 

費用が高いフッ素塗料に比べると費用が抑えられ、耐用年数も価格に見合ったものであることから、近年シリコン塗料は外壁によく使われる塗料となっています。

 

 

シリコン塗料のグレードは?

シリコン塗料にはグレードがあり、分類としては「水性1液型」「油性1液型」「油性2液型」の3種類があります。

 

シリコンを塗布するためには、溶剤を液体で薄めるか溶剤を溶かす必要があります。

薄めるための液体が水だったら水性、溶かすための液体がシンナーなどの場合を油性といいます。

 

油性の方が臭いがあり、高価です。

耐久性は昔は水性よりも油性の方が優れていましたが、最近では水性塗料でも同レベルの耐久性を誇るようになりました。

 

「1液型」は1つの溶剤だけで塗料として使えるもの、「2液型」は2種類の溶剤を混ぜて塗料として使うものを指します。

「2液型」は異なる種類の溶剤を反応させて塗料を作るため再利用不可で、1液型よりも高価になりやすいですが、耐久性は1液型よりも優れています。

 

ただし、1液型よりも2液型の方が耐久性はありますが、1液型だからといって耐久性が著しく落ちるわけではありません。

2液型は費用も高くなるので、費用対効果も考えて検討してみると良いでしょう。

 

 

外壁塗装にシリコン塗料を使うメリットは?

シリコン塗料を外壁塗装に使うメリットとして「耐熱性」「耐水性」「耐候性」「耐久性」の4つが挙げられます。

 

メリット①耐熱性

シリコン塗料は600度の熱にも耐えられる素材で、高温になってしまう外壁に向いています。

 

メリット②耐水性

シリコン塗料は硬い塗膜を作ることで、水を弾きやすくなります。

また、低電圧性なのでホコリや砂を寄せ付けにくく、きれいな状態が長持ちします。

 

メリット③耐候性

紫外線や強風に強い特徴があります。

光沢感を損ないにくいのも特徴で、艶のある美しい外壁をキープします。

 

メリット④耐久性

シリコン塗料は価格のわりに耐久性が高いのが特徴で、耐用年数は外壁で約10年~15年、屋根で約8~13年と、アクリル塗料やウレタン塗料の約1.5倍は長持ちします。

 

シリコン塗料は溶剤の種類も多いので、予算や目的(数年持てばよいのか、より長く持った方が良いのかなど)に合わせて選びやすい点もメリットのひとつでしょう。

 

 

外壁塗装にシリコン塗料を使うデメリットと注意点

メリットとデメリット

シリコン塗料を外壁塗装に使う場合のデメリットもご紹介します。

 

デメリット①ひび割れ

シリコン塗料は伸び縮みしやすい弾性をもつ柔らかい塗膜を作りますが、数十年経つと塗膜が堅くなってしまう性質も。

地震などの衝撃を受けて建物が動いてしまうと、ひび割れが起こることがあります。

 

デメリット②重ね塗りは不向き

シリコン塗料のメリットでもある、シリコンの撥水性は重ね塗りには不向き。

重ね塗りの塗料を弾いてしまいます。

 

ただし、適した塗布材を下に施工することで重ね塗りをすることが可能です。

シリコン塗料は分離しやすいなど液材の扱いも難しいので、きちんとした知識がある業者選びが重要です。

 

デメリット③やや高価

アクリル塗料やウレタン塗料に比べると、単価が高くなってしまいます。

数年間のスパンで色を変えたいという方や、家を手放す予定があり、長期間持たせる必要は無い方には、耐久性は少し落ちるものの安価なウレタン塗料を選ぶという方法もあります。

 

ゆとりフォームさっぽろの外壁塗装でもシリコン塗料を取り扱っています。

お得なチラシ情報も掲載していますので、ぜひご参考ください!

 

 

まとめ

近年、外壁塗装には「シリコン塗料」が人気です。

耐久性の高さと採用しやすい価格で、コストパフォーマンスの面から選ばれる方も多いようです。

 

グレードもいくつかあるので、予算に合わせて選びやすい点もメリットのひとつ。

シリコン塗料は高温に強く、汚れを弾きやすいなど外壁にぴったりの素材だと言えます。

重ね塗りが難しいことや、シリコン塗料自体の扱いにくさから、きちんと知識がある業者に施工してもらうことが重要です!

 

シリコン塗料は、光沢感のあるツヤが特徴でもあります。

ピカッと輝く外壁で、新築気分を味わってみてはいかがでしょうか?

外壁張り替え・屋根修理

この記事を書いた人

ゆとりフォームさっぽろ

ゆとりフォームさっぽろ
リフォームに関する豆知識を定期的に更新していきます。