外壁リフォームで人気のサイディングとは?

リフォーム豆知識ブログ —

4b3ea44b3b203f8a46b0925c1605eaa8_s

こんにちは!ゆとりフォームさっぽろです。

今回は、外壁リフォームをお考えの方に、最近人気の外壁材の種類「サイディング」についてのお話です。
昔から主流の壁紙「モルタル」とサイディングはどう違うのか、サイディングのメリット・デメリット、サイディングへのリフォーム方法など、ご紹介いたします。

 

外壁材の種類「モルタル」と「サイディング」とは?

外壁材の種類は、基本的に「モルタル」「サイディング」の2種類に分類されます。

 

モルタルとは

昔の外壁材として良く使われていた塗り壁を言います。
職人が直接塗っていきます。

・質感がよく味わいがある
・金属の外壁材のように熱くならない
・繋ぎ目がない

このようなメリットがあります。しかし、その半面、

・ひび割れが生じやすい
・コストが高い
・工事期間が長い
・汚れが目立ちやすい

などのデメリットもあります。

 

サイディングとは

パネル状の外壁材のことで、これをつなぎ合わせながら貼り付けていきます。
サイディングには主に4つの種類があり、家の構造や地域ごとの気候なども考えて、選ぶ必要があります。
 
・窯業系サイディング
セメントで作られたサイディング。
サイディングの中でも戸建て住宅の7割を占め、最も人気の外壁材です。比較的安価で、作られてい種類も豊富、防火性も高いので、よく採用されています。
 
・金属系サイディング
アルミや銅板で作られたサイディング。
耐火性と断熱性が高いものの金属のため錆びやすく、定期的なメンテナンスが必要です。
 
・木質系サイディング
天然の木を加工して作られたサイディング。
木目の質感や味わいがありますが、火や水に弱いので、こまめなメンテナンスが必要です。
 
・樹脂系サイディング
塩化ビニル樹脂が使用されたサイディング。
耐久性が高く劣化や変色が少なく海外では人気です。
しかし、日本ではあまり使われないので、デザインが少なく比較的高額になります。
 
 

サイディングのメリットとデメリット

422e8ecbf448c9e0262955330d018ab1_s
 
最近の新築住宅では、サイディングの人気が高くなってきました。
モルタルと比較した時の、サイディングのメリットとデメリットを見てみましょう。
 
サイディングのメリット

・デザインが豊富で比較的安価
・軽量なものが多く、家への負担が少ない
・通気性、断熱性、耐震性、防火性が高い
・加工が簡単で、工事期間が短い
・工場生産のため品質が安定している
 

サイディングのデメリット

・見た目が安っぽく見えるものがある
・シーリング(サイディングボードの繋ぎ目)が劣化しやすい
・将来、一部張り替えをしたい時に、メーカーに同じ商品がなくなっている可能性がある
 
 

サイディングへリフォームする方法

信頼できる外壁工事の業者やリフォーム業者に連絡し、現地調査をしてもらいましょう。
面積や塗装箇所の他に、現在の外壁の劣化具合も調べた上で、どのようなリフォームが最適かを見極めましょう。

 

モルタルからサイディングへリフォームする場合

1 モルタルを撤去してサイディングを張る
外壁の下の土台、柱、間柱や胴縁などの傷んでいるところも確認でき、断熱材の改修なども同時に行うことが出来ます。
しかしその分、費用もかかり工事期間も長くなります。
 
2 既存のモルタルの上にサイディングを重ね張りする
現状のモルタルにクラック(ひび割れ)や浮きがなければ、その上からサイディングを重ね張りすることができ、コストも抑えられます。
しかし、重くなるので、家への負担が少ないように軽量な金属や樹脂のサイディングを貼り付けます。

 

既存のサイディングをリフォームする場合

1 既存のサイディングを剥がし、新しいものを貼り付ける
既存のサイディングの劣化状況が激しい場合、全面を剥がして新しいものに張り替えます。
外壁の下の傷んでいるところの改修などもできますが、コストもかかります。
 
2 既存のサイディングの上から新しいサイディングを重ね張りする
既存のサイディングの状況にもよりますが、モルタルを撤去してサイディングを張る
よりもコストが抑えられます。
 
3 塗装する
サイディングの上に一般的な外壁塗装を行う方法です。
既存のサイディングをそのまま活かすクリア塗装の他に、色を変えて塗装することもできます。
サイディングの種類によっては、相性が悪い塗料もあるので、業者に確認をしましょう。
 
4 シーリング(サイディングボードの繋ぎ目)の打ちまし・打ち替え
シーリングは非常に劣化しやすく、ひび割れ・雨水の侵入につながります。
サイディングは比較的長持ちするので、大きな劣化がなければ、シーリングのみのリフォームで済みます。
 
・既存のシーリングを剥がし、新たにシーリングを打つ方法
・既存のシーリングの上から重ねて打つ方法

があります。これも、既存のシーリングの劣化状況によって判断されます。
 
 

まとめ

63b1175b6fe9f003f8bc4c22cb9f402d_s
 
外壁は24時間、太陽光や雨風にさらされています。傷むのは当然です。
外観を美しく保つだけでなく、外壁リフォームのコストを抑えるためにも、定期的なメンテナンスをおすすめいたします。
私たちの生活を守ってくれている外壁を、たまにはじっくり眺めてみましょう!

 
・サイディングの種類は4種類。家の構造や地域の気候を考慮して選ぶこと!
・サイディングの大きなメリットは、デザインの豊富さと価格、施工のしやすさである
・サイディングへリフォームする方法は既存の外壁の種類と劣化状況によって変わってくる

この記事を書いた人

ゆとりフォームさっぽろ

ゆとりフォームさっぽろ
リフォームに関する豆知識を定期的に更新していきます。