外壁リフォームのタイミングを知るには外壁からのサインを知ろう

リフォーム豆知識ブログ —

mushimegane

こんにちは!ゆとりフォームさっぽろです。

みなさんは、ご自宅の外壁をじっくり見たことはありますか?
新築時や塗装したての美しさをずっと保てたらいいのですが、毎日紫外線や雨風にさらされている外壁は徐々に劣化していきます。
 

大切な我が家が、外壁の劣化が原因で見た目が悪くなったり、破損しては元も子もありません。

そうなる前に、外壁リフォームのタイミングやリフォーム方法などをご紹介します。
 
 

外壁リフォームのタイミング

外壁のリフォームのタイミングって、明らかに破損がある場合を除いては、なかなか分からないですよね。
外壁の塗り替えは一般的には10年を目安に、と言われていますが、塗装材の耐用年数や防水性でも違ってきます。
そうなると外壁の状態を見て、リフォームが必要なのかを判断していきます。

次の症状が出てきたらリフォームの検討をオススメします。
 

塗装の剥がれ

一番わかりやすいのが塗装材の剝がれ。
年数が経つと塗装材が劣化し剥がれてくることがあります。
そうすると木材がむき出しになり直接雨風を受けるため、木材が腐りやすくなります。
 

チョーキング現象

外壁を触った時に、細かい粉が手につくこと。
紫外線や雨風によって塗装が劣化して起こります。
触って確認できるので、外壁の劣化に気づきやすいです。
 

ひび割れ(クラック)

塗装材の乾燥や剥がれなどで出来るひび割れと、外壁材自体のひび割れがある。
外壁材自体のひび割れであれば、建物に影響が出ることがあるため早めの対策を!
 
 

外壁リフォーム方法は、外壁の状況によって異なる

gaiheki

外壁のリフォームは、外壁の状態で方法が変わります。
 

外壁塗装の塗り替え

外壁塗装の剥がれやチョーキング現象は、定期的な塗り替えで対処できます。
最近では塗装材の種類が増え、性能も良くなってきているので、ご自宅の症状に合った塗装材を選ぶとよいでしょう。

耐用年数が長く性能も良いものはその分価格が高くなりますが、塗り替える回数も減り、先々のメンテナンス費用が抑えられます。

耐用年数が短いものは価格が安い分、塗り替えの回数が多くなります。
塗り替え箇所が少ない外壁などにはいいかもしれません。
 

外壁の張り替え

既存の外壁材をすべて剥がし、新しい外壁材を張ります。
外壁がひび割れていたりする時は、張り替えたほうがいいでしょう。
工事期間も人件費もかかりますが、外壁材を剥がすので建物の状態もわかります。
もしシロアリなどがいたらその時点で対処できます。
 

外壁材の重ね張り

既存の外壁材の上から新しい外壁材を張っていきます。
張り替えよりは工事期間も短くて済みますし、何より外壁の色やデザインを変えることが
出来るので、新築のように生まれ変わります。

ただし、既存の外壁に重ねて張るので、重さを考慮しないといけません。
 
 

どうして外壁リフォームが必要なのか

チョーキング現象やひび割れなどをそのまま放っておくと、そこから雨水が入り建物本体の木材をダメにします。
そうなると外壁だけでなく建物自体の修繕が必要になり、工事費が高くなってしまいます。

その前の対策として、外壁のリフォームが必要となります。
 
 

まとめ

外壁の劣化は素人でも判断がつきやすいですが、外壁の劣化具合によってリフォーム方法は変わり、最終的にはプロの診断が必要です。

ゆとりフォームさっぽろでは、外壁リフォームのご相談も受付ております。
お気軽にご相談ください。
 
 

この記事を書いた人

ゆとりフォームさっぽろ

ゆとりフォームさっぽろ
リフォームに関する豆知識を定期的に更新していきます。