外壁の張替えリフォーム、本当に必要なのか?

リフォーム豆知識ブログ —

こんにちは、札幌のリフォーム専門会社「ゆとりフォームさっぽろ」です。

「外壁リフォーム」は、人間で耐え終えると服を着替えるのと同じことです。
その耐用年数は、壁材や塗料などによって変わりますが、概ね10年と言われています。

とは言っても、

「痛んでいる箇所はどこ?」
「塗り替えや張り替えの目安は?」

など、分からない方も多くいらっしゃいます。
そこで今回は、「外壁リフォーム」についてお話していきます。

342aae12f90411f99b00f047b1551bd1_s

 

見逃せない、外壁リフォームの4つのサイン

家は住んでいるうちに経年劣化していきます。
外壁はおよそ10年が目安。
パッと見るとまだ大丈夫と思っていても、よく見ると

「塗装が剥がれている」
「塗装に膨れている部分がある」
「サビがある」
「表面を触ると、手に白い粉がつく」

などが表れます。

この4つの項目1つでも当てはまる症状があれば、そろそろリフォーム時期のサインです。

 

現状を知って納得のいくリフォームプランを

症状が見つかり、「いざ、リフォーム!」と言っても、外壁の塗り替えやサイディングの張替えは高額の工事となります。
ここで大事なポイントは、「業者に言われるままに行うのではなく、現状を確認してどのような補修が最適かを見極めること」です。

 

仕上がりも綺麗な金属サイディング重ね張り

最近の外壁工事で最も多いのがこの「金属サイディングの重ね塗り」。
現状の金属サイディングの上に、そのまま新しい金属サイディングを張っていく作業です。
この工事であれば、廃材が出ないので解体費用や処分費用の負担がなく、家に暮らしながらリフォームを行うことができます。
また、工事日数が短縮できるのも魅力です。

 

部分補修でコストを抑える

サイディングが部分的にヒビが入っていたり、破損しているときは部分補修が可能な場合があります。
補修にはどの程度のヒビや破損なのかを調べる必要があり、専門知識が求められます。
ですので、その場合は信頼できる業者にご相談することをオススメします。

メリットとしてはオール張替えに比べて費用は大幅に抑えることができますが、サイディングが廃番になっていたり既存の外壁が色褪せてしまっている場合は、色を合わせることが難しいといったデメリットもあります。

 

定期メンテナンス(塗装)で、壁材を大事に使う

627e1f0dded60933de61bc72c0a8ce6e_s

現在のサイディングを生かしたい場合は、定期的にメンテナンスを行います。外壁は塗装することで守られ、住宅が長く健全に保たれることにつながります。
塗料には低コストなものや丈夫で長持ちなもの、自然の風合いが出せるものなど、さまざまな種類があります。
好みやお住いの状況に合わせて選ぶと良いでしょう。

 

 

プロの技術で正しく診断

いずれの方法を選ぶにしても、まずはプロに診断してもらうことが大切。
ゆとりフォームさっぽろでは、外壁の状況を的確に見極め、傷みの程度やお客様の意思を尊重しながら、リフォームプランをご提示します。「そろそろ替え時かな?」と思ったら、ぜひ私たちにご相談ください。

ゆとりフォームさっぽろの外壁リフォームについてはこちら

 

この記事を書いた人

ゆとりフォームさっぽろ

ゆとりフォームさっぽろ
リフォームに関する豆知識を定期的に更新していきます。

関連記事

    関連記事はありません。