給湯器の交換のタイミングはいつ?寿命と交換目安を知っておこう

リフォーム豆知識ブログ —

こんにちは!ゆとりフォームさっぽろです。

寒~い冬に冷えた体を温めてくれるお風呂、至福の瞬間ですよね。
お風呂を沸かしてくれる給湯器は、今や生活に欠かせない存在です。

そんな給湯器が突然壊れたら一大事!

今回は、給湯器の寿命や壊れる前に交換するタイミング、少しでも長く使うためのポイントについてご紹介します。

yuwakashiki

 

給湯器交換のタイミングは?

給湯器の寿命は10~15年程度と言われていて、各メーカーが安全に使用するために設定している家庭用給湯器の「設計標準使用期間」は10年です。

また、給湯器の修理部品供給期限は製造終了から10年となっているため、場合によっては修理用部品が無くなってしまって、交換せざるを得ないということもあります。

給湯器の故障には必ず予兆があります。
標準使用期間や部品供給期限を考えると、使用から10年程度で次のような症状が出た場合には、修理よりも交換のタイミングと判断するのが良いのかもしれません。

 

給湯温度が不安定、設定どおりの温度にならない

お湯が急に熱くなったり冷たくなったりするような場合や、追い炊きしたお風呂が設定した温度よりぬるい(もしくは熱い)などがある場合は、給湯器に不具合が生じて熱効率が落ちている状態です。

 

給湯器の音がおかしい

以前しなかったような音がする場合、特に「ボン」と小さく爆発するような音が聞こえる場合は、燃焼系統が故障している可能性があります。

 

給湯器から煙が出ている

臭いの無い白い煙は排気中の水分が蒸発しているだけなので問題ありませんが、臭いがある場合は燃焼前のガスが漏れ出ている可能性があります。
また、黒い煙は不完全燃焼が発生していて、燃焼系統の故障が考えられます。
このような煙が出ている場合は、すぐに使用を中止しましょう。

 

給湯器が錆びている

給湯器の外装部分が錆びていると、内部まで錆びてしまっている場合があります。
内部の錆びが広がると、故障やガス漏れに繋がる可能性があります。

 

 

給湯器が故障しやすい条件

給湯器は設置方法や使い方によって、故障しやすくなる場合があります。
正しく使うことで防げる故障もありますので、ご使用中の給湯器にあてはまるものはないか、確認してみましょう。

 

給湯器の前が狭い

給湯器からの排気にはわずかに硫黄物質が含まれていて、空気中や排気の水分と化学反応を起こし、腐食を進める酸が発生してしまいます。
給湯器の前面が極端に狭かったりすると、このような酸を吸気口から吸い込んで、給湯器内の劣化が進行し、故障に繋がる場合があります。

 

給湯器を清掃していない

給湯器の排気口/吸気口にほこりが溜まってしまうと排気が内部で滞留し、不完全燃焼を起こす可能性があります。
また、エコジョーズなど潜熱回収型ガス給湯器から出るドレン排水を通す配管が落ち葉などでふさがっていると、給湯器本体が不具合を起こして寿命を短くすることがあります。

 

配管カバーをつけていない

配管を守るカバーをつけていないと接触で破損してしまうだけでなく、紫外線による劣化(特に架橋ポリエチレン管)で配管が固くなり、割れやすくなることもあります。
配管の破損は、本体の劣化が進むなど故障の原因に繋がります。

 

給湯器の号数が生活に合っていない

給湯器には、「号数」と呼ばれる一度に給湯できる湯量を表わすサイズがあります。
号数が大きいほどたくさん給湯できるので、お風呂やキッチンなどで同時に使える量も増えますが、たくさんお湯を使う家庭にも関わらず小さい号数にしていると、給湯器の負担が大きく寿命を短くしてしまう場合があります。

 

 

給湯器の種類によって交換のタイミングは変わってくる!?

給湯器の種類は燃料によって、石油・ガス・電気の3種類に分かれます。
燃料によって寿命が異なる訳ではありませんが、北国では石油給湯器の利用が多く、使用頻度も多いので寿命が10年程度、電気・ガスは15年程度と言われています。

また、給湯器は給湯の仕方によって「貯湯式」「瞬間式」の2種類があります。
一般的に貯湯式は、瞬間式に比べて構造がシンプルなので、故障しにくい傾向にあります。

 

 

給湯器の寿命を延ばすためのポイント

point

給湯器を少しでも長く使えるようにするためには、いくつかポイントがあります。

 

日頃から手入れをする

給湯器の故障に繋がる錆びや吸気口/排気口のホコリ詰まりを防ぐためにも、1回/月程度は水拭きで汚れをふき取るようにしましょう。
また、お風呂のお湯と水の出入り口になっている循環アダプターフィルターに髪などのゴミが詰まることがないようにマメにお手入れすることもポイントです。
フィルターが詰まってしまうと追い炊きが上手くできずに、給湯器に負担が掛かり故障にも繋がります。

 

入浴剤に注意

実は給湯器にとって、入浴剤の利用は注意が必要です。
入浴剤に含まれる硫黄や酸、塩などの成分が配管に溜まってしまうと配管を劣化させてしまいます。
白濁タイプの入浴剤などは、濁る成分が配管に付着すると追い炊きの熱交換器内で局部沸騰を起こし、寿命を縮めてしまうこともあります。

入浴剤の入ったお風呂は気持ちいいものですが、給湯器が壊れてしまっては元も子もありません。
入浴剤を利用する前に説明書を確認してみましょう。

 

水道水で給湯

給湯器で利用する水は、水道水をオススメします。
地下水や井戸水、温泉水には異物が混入している場合がありますので、この異物が給湯器内に溜まってしまうと、熱効率が悪くなるだけでなく局部沸騰を起こすこともあります。

また、給湯器メーカーが推奨しない水質を利用して故障した場合には、保証期間内であっても有償対応となることが多いので注意しましょう。

 

 

まとめ

暖かいお湯を出してくれる給湯器は私たちの生活には欠かせない存在です。

少しでも長く利用するためには、日ごろの使い方やお手入れも大切なポイント。

急に故障して困ることが無いように、普段からお手入れをして故障の予兆を見逃さないようにしましょう。
使用年数10年程度でおかしな症状が出ているなと思ったら、交換のタイミングかもしれません。

修理か交換かの判断に迷うようなことがあった時には、専門の業者にも相談してみましょう。
私たちゆとりフォームさっぽろにも、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

この記事を書いた人

ゆとりフォームさっぽろ

ゆとりフォームさっぽろ
リフォームに関する豆知識を定期的に更新していきます。