トイレリフォームの費用について。和式から洋式への交換は?

トイレリフォーム —

6001fb05c99e1a3f19b0400967a02b5d_s

こんにちは、ゆとりフォームさっぽろです。

新しいトイレ。それは、家族全員の毎日の生活を心地よいものにしてくれる空間です。
トイレリフォームの費用は、洋式から洋式ヘ、和式から洋式へ、また、最近人気のタンクレストイレの交換など、リフォーム内容によって異なります。

今回は、各トイレリフォームにかかる費用や内訳についてご紹介します。

 

トイレのリフォーム費用と内訳について

トイレリフォームの費用は、トイレ本体のグレードによる価格の差とリフォーム内容で金額が変わりますが、一般的な費用総額は10万円〜50万円程度です。

リフォーム費用の内訳としては、トイレリフォーム費用=トイレ本体の価格+基本工事費用+αとなります。

トイレ本体の価格…7万円~10万円以上
基本工事費用…2万円〜3万円程度
+αで発生する費用…床の交換 ・壁紙や天井の交換 ・電気工事 ・コンセント設置費用・コーナータンクの設置

 

 

代表的なトイレリフォームの費用の内訳事例

代表的なトイレリフォーム「洋式トイレから洋式トイレへ」、「和式トイレから洋式トイレへ」の交換の費用内訳をご紹介します。

洋式トイレから洋式トイレのリフォーム費用と内容
〈洋式トイレ本体のみの交換の場合〉
リフォーム費用総額…10万円〜30万円

(例)
■トイレ本体価格(シンプルな機能などがないトイレ)…約7万円
■基本工事費用 …約3万円
リフォーム費用総額 約10万円

 

〈洋式トイレ本体交換+αの場合〉
リフォーム費用総額…10万円〜50万円
トイレ本体がウォシュレット付きなどの場合はコンセント設置や電気工事が必要になったり、壁 紙や天井などの交換が必要となると+αの費用が発生してきます。

(例)
■トイレ本体価格(ウオシュレット付き) …約10万円
■基本工事費用 …約 3万円
■+α費用(電気工事+コンセント設置+壁紙交換)…約12万円
リフォーム費用総額 約25万円

 

 

和式トイレら洋式トイレのリフォーム費用と内容

〈和式トイレから洋式トイレへの交換の場合〉
リフォーム費用総額…20万円〜70万円

和式トイレから洋式トイレへの交換は、床が一段高くなっていることが多いのでほぼ確実に床の交換が必要になります。また、給排水管の位置調整や大幅な内装工事も必要なケースがるため、リフォーム費用がかなり高額になりやすいです。

(例)
■トイレ本体価格(ウオシュレット付き) …約10万円
■基本工事費用 …約 5万円
■+α費用(床交換+壁紙交換+電気工事+コンセント設置)…約25万円
リフォーム費用総額 約40万円

 

※ウォシュレット付きトイレ(一体型トイレ)はリフォーム用の廉価製品があり、逆に組み合わせ型でウォシュレット付トイレにリフォームする場合、製品自体が割高になります。リフォーム前に一番良いリフォームはどの方法か、リフォーム業者によく相談するようにしましょう。

 

 

︎人気のタンクレストイレのリフォームについて

最近では、タンクがないスタイリッシュなデザインの「タンクレストイレ」に交換する方も増えてきました。

タンクレストイレとは?

2171528a27e401a1117893e308612a4f_s

タンクレストイレはその名の通りタンクがないスタイリッシュなトイレです。タンクがなくなるだけではなく、本体のそのものの大きさがコンパクトなものが多いので、狭いトイレ空間を広く感じさせることができます。また、少ない水で強力に水を流すという特徴があるため、節水にもつながります。

 

タンクレストイレのリフォーム費用と内容
リフォーム費用総額…30万円〜80万円
タンクレストイレのリフォームはトイレ本体自体が20万円台からが一般的で、それに伴い総額も高額になってきます。タンクを取り外したことで手洗いを設置するご家庭も多く、手洗い器本体の価格+設置工事で約5万円〜15万円ほどの費用が必要になってきます。

(例)
トイレ本体価格(タンクレストイレ) …約 25万円
■基本工事費用 …約 5万円
■手洗い器本体+設置費用 …約 10万円
■+α費用(床交換+壁紙交換+電気工事+コンセント設置)…約 25万円
リフォーム費用総額 約 65万円

 

︎トイレをさらに快適に!おすすめのトイレリフォーム+α

トイレは、家族全員が使うもの。将来性を考え、よりトイレが快適に使えるようバリアフリー機能や収納スペースなどを取り入れるご家庭も増えてきています。
値段もそんなに高額にならずに安全・安心なトイレが叶うのでオススメです。

 

〈バリアフリー機能〉

ご高齢の方がいる場合や将来的に自立した生活を考えた場合にぜひ取り入れたリフォームです。
一般的なバリアフリーである段差解消で約5千円〜4万円、手すりの取り付けで5千円〜3万円、開けやすい引き戸への交換で2万円〜10万円程度が追加費用の目安です。

 

〈収納スペースの追加〉

トイレットペーパーや掃除用ブラシ、トイレ洗剤などトイレに関する備品は意外と多いものです。
そこで埋め込み型収納などを設置すると、備品をすっきりと収納することができます。収納用アクセサリーは簡易なものなら5千円程度から、埋め込み式や収納棚の設置は2万円〜10万円程度が追加費用の目安です。

 

︎まとめ

トイレは、本体のグレードによって価格が大きく異なります。
最近のトイレには様々な機能がついたものがあり、機能が増えるほど本体価格も高くなりますが、家族にとってはそれよりもバリアフリー化が大切な場合もあります。
どの機能が本当に必要なのか、しっかりとご家族で相談して、ライフスタイルに合うリフォームをすることが大切です。

この記事を書いた人

ゆとりフォームさっぽろ

ゆとりフォームさっぽろ
リフォームに関する豆知識を定期的に更新していきます。