トイレのリフォームの壁紙。失敗しない色や素材の選び方

トイレリフォーム —

こんにちは。ゆとりフォームさっぽろです。
トイレのリフォームでは、壁紙も重要なポイント。
壁紙の色や素材で雰囲気がガラっと変わるので、ぜひ気にしてほしいところです。

今回は、壁紙の選び方や色合いが作る雰囲気、また、嬉しい機能付きの壁紙もご紹介します。
 
df27d9e00205268a86a35b12a3619077_s
 
 

トイレリフォームで色を決めるときのポイントは?

まず、大切にしていただきたいのが「好きな色を選ぶ」ということです。
1日のうちに何度も使うトイレ。好きな色をチョイスすると、気分も良いものです。

そして、次に大切なのは「どのような雰囲気にしたいか」というテーマを決めること。
同じ色でも、無地のものと絵柄が入ったものや、色の濃淡でも雰囲気が変わります。

「ポップにしたい」
「シックで落ち着いた雰囲気にしたい」
「明るいトイレにしたい」
「ナチュラルなトイレにしたい」

など、簡単で良いのでおおまかなテーマを決めておくと、色を決めやすくなります。
 
 

トイレの壁紙の色でトイレの雰囲気が変わる

9f7e76653848ece203ebcd0934be67a2_s
 
「テーマに合わせた壁紙を選ぼう」とお話ししました。
では実際に、色が与えるイメージについて、いくつかご紹介します。

<白>
トイレといれば白! という方もいらっしゃるかもしれません。
白は清潔感を与える色であり、空間を広く見せる効果もあります。
同じ白でも、オフホワイトなど少し色味がナチュラルなものを選ぶと、優しく穏やかなイメージのトイレになります。

<ピンク>
優雅なイメージのあるピンクは、トイレの高級感をアップさせてくれます。
また、安らぎや穏やかさを与える色だとも言われていて、ホッと落ち着けるトイレになりそうです。

<黄色>
明るくポップなイメージの黄色は、カジュアルな雰囲気を求める方にオススメです。
元気を与えてくれる色なので、活動が始まる前の朝など「これから頑張るぞ!」と思えるかもしれません。

<青>
寒色系のさわやかなイメージの青は、気持ちを落ち着かせてくれます。
すっきりと清潔なイメージがあるので、トイレにもぴったりです。

<緑>
さわやかでありながら、気持ちを落ち着かせてくれる穏やかさのある緑。
自然の中にいると気持ちが落ち着くように、緑の壁紙も心を穏やかにしてくれそうです。

<茶色>
ナチュラルなイメージのある茶色ですが、色味で雰囲気がガラリと変わります。
明るい茶色は、カントリー調のナチュラルな雰囲気。濃い茶色は、ホテルやレストランのトイレのようなシックで上品なトイレになります。

 

ご紹介した色はほんの一部。
色の濃淡や絵柄、壁紙の素材でも雰囲気が変わりますので、「好きな色とトイレのテーマが合わない」というときは、色々な組み合わせを考えてみると良いでしょう。
また、「原色が使いたいけど、トイレがごちゃごちゃしそう・・・」というときは、トイレの背面だけに色を使うと、ごちゃつきが抑えられますよ。
 
 

機能性のある壁紙の質・素材も検討しよう!

c387500f680ceb773102025c68b1701b_s

トイレの壁紙は、尿の飛び散りなどで意外と汚れやすいところです。
機能性のある壁紙を選ぶと、トイレを清潔に保ってくれます。
掃除をひんぱんにする場所だけに、少しの手間でも減るのはうれしいですね。

<消臭効果>
壁紙の中に消臭剤を混ぜたものと、光触媒など臭いを分解する成分を配合したものがあります。
光触媒を利用した壁紙は、消臭効果が長く続くので、近年人気が高い壁紙です。

<防汚コート>
汚れが落ちやすいように表面をラミネートしたり、あえて凸凹をつくって汚れを付きにくくしたりしている壁紙です。

<抗菌>
抗菌剤を配合し、カビの発生をおさえます。湿気の多いトイレにはうれしい機能です。
 
 

まとめ

トイレは1日に何度も使う場所だからこそ、居心地のよい空間にしたいですね。
でも、トイレはせまい空間なので、大胆に冒険できるエリアでもあります。
「あえて思いきり好きな色を使う!」 というのもアリではないでしょうか。

色んな目的を考え、満足できるトイレリフォームを叶えてくださいね。

・好きな色やどのような雰囲気のトイレにしたいかテーマを決める
・色や素材でイメージが変わる。テーマにそった組み合わせを考えよう
・機能性をプラスした壁紙にすると、掃除が楽でしかも清潔。
 
 

この記事を書いた人

ゆとりフォームさっぽろ

ゆとりフォームさっぽろ
リフォームに関する豆知識を定期的に更新していきます。