2階にトイレを増設しよう!費用やポイントをチェック!

トイレリフォーム —

こんにちは!ゆとりフォームさっぽろです。

現在、ご家庭や個人個人でライフスタイルが多様化している中、「1日の中で2階での生活のほうが長い。」という方は意外と多いです。

そうなると少し不便になってくるトイレの利用。1階にトイレがある家は、毎回階段を上り下りするのは大変ですよね。

特に、高齢の方にとっては毎回大変です。

そこで今回は、「2階へのトイレの増設」について費用や工事期間、注意しておきたいポイントをまとめてみました!是非ご参考くださいね。

toilet

 

 

2階トイレの増設のメリット

ご高齢の方や体調が優れていない方が、最も不安になる動作をするのはご自宅のどこでしょう?

色々あると思いますが、特に心配な点は2階から1階への上り下りの際ではないでしょうか。
元気な方が家にいる間なら様子を見に行けたり補助にかけつけたりとできますが、留守にしている時にひとりで階段を歩くのは大変な作業です。
毎日使うトイレが1階にあると、必ず階段の上り下りをしなくてはいけません。

そこで2階のお部屋と1階のトイレへの行き来の問題を解消するために、2階にトイレの増設リフォームをするのはオススメのリフォームです。
また2階の書斎でお仕事をされる方にとっても、お仕事場と同じフロアでトイレを済ませるのは非常に便利です。

 

更に、大家族の場合、朝はトイレ利用の渋滞がよく起こります。トイレの順番待ちで子ども同士ケンカしてしまう、なんてお話もたまに聞きます。

そこで2階へトイレを設置すれば混雑はなくなり、忙しい朝の時間を有効に使えるでしょう。

 

 

2階へのトイレ増設費用について

toilet-reform

メリットが多数ある2階へのトイレ増設リフォーム。

実際の便器の価格や工事費用はいくらぐらいかかるものなのでしょうか。

 

便器の価格は??

現在、便器の種類は様々ですが、標準的な価格は約10万円から。

そこからさらにグレードがあり、メーカーやウォシュレット付きかどうかなどで価格もアップしていきます。

また、最近スタンダードになりつつある「タンクレストイレ」はご存知でしょうか?便器の背中部分の大きなタンクが存在しない、スマートでオシャレなタイプです。

スペースを取らないので2階への増設にも向いていますが、手洗い場をトイレ内につける必要があります。費用はその分高くなる点は知っておきましょう。

 

 

トイレの工事費用は??

工事費ですが、大まかに40万円〜80万円の幅があります。

トイレの部屋の壁の取付・撤去費用はそこまで変わりませんが、大きく差が出るのは給排水管の工事費です

大抵のご自宅は2階に給水設備はありませんので、1階のトイレから給排水のための配管を2階まで立ち上げます。ちょうど真上に増設できれば安くすむのですが、離れた場所に設ける場合はその分配管の取付費用はかかります。

 

このように、「トイレの便器のグレード」「ご自宅の構造や設置場所」によって費用は幅がありますが、全て合わせると、おおよその工事費用は50万円〜100万円となります。

 

 

2階トイレの工事期間について

もう1つ気になる、工事期間
トイレのスペースの最小サイズは0.4坪、畳1畳分あればOKです。このスペースをどこに設けるかが工事期間や費用などに大きく関係してきます。

具体的にどんな場所が多く使われているかご紹介します。

 

階段横の踊り場

物置になっていたりしていませんか?もしスペースがあるならそこがベスト。

工事期間も短くすみますし、誰もが使いやすく仕上がりも綺麗になるでしょう。

注意点としては、トイレ利用の際に階段へ足を踏み外さないようスペースを十分にとること。

 

部屋の押入れやクローゼット

トイレをお部屋に直結するタイプ。高齢者などメインで利用される方のお部屋に設置するので使いやすいのが特徴です。工事期間も通常通り。

ただし、他の方が利用する場合は一度そのお部屋を通る必要があります。

また間取り次第ではありますが別の方法として、リフォームする押入れやクローゼットの廊下側の壁を抜いて部屋側に壁を作れば共用しやすいトイレの出来上がりです。

 

あなたのご自宅のスペースによって工事期間が変わることことを踏まえて計画されることをおすすめします。

 

 

2階トイレ増設のポイントや注意点

2階トイレの増設を行うにあたり、費用や工期以外で注意しておくポイントを2点お伝えいたします。

業者さんと相談する際に必ずチェックしておきましょう。

 

排水の音に注意

配管が寝室の横を流れる場合、排水音がうるさくなるケースがあります。

1階トイレの上に付けられれば理想的ですが、離れた場所にトイレを設置の場合は、できれば寝室の横に排水管は通さない方がいいでしょう。

どうしても通さないとならない場合は、配管に巻くタイプの吸音材も準備できます。

専門業者さんに相談しましょう。

 

トイレのドアの種類を選ぶ

外開きや内開きなどドアの種類はいくつもありますが、引き戸がオススメ

2階のトイレ増設は狭い場所に作ることが多く、設置スペースに余裕がないご家庭がほとんどです。

また設置場所が階段の場合は開閉時のドアを避けて移動する際に足を踏み外す心配もあります。

ドアが引き戸であれば、入る時も出る時も余計な移動をせず非常に重宝します。

 

 

まとめ

・2階へのトイレ増設は、階段の上り下りの解消やトイレ利用の混雑を解消できるメリットがある!

・工事費用は便器のグレードや自宅の構造によって差があるものの50万円〜100万円程度

・工事期間は5〜7日間が目安

・費用や工期に重要な設置場所は、1階トイレの上がベスト!

・トイレのドアは引き戸がオススメ!

 

ご家族が過ごしやすくなる2階のトイレ増設リフォーム。ご年配の方がいらっしゃったり、大家族のご家庭の場合は、特におすすめです。

トイレの改装リフォームは札幌地域で実績豊富なゆとりフォームさっぽろにお気軽にご相談ください。

まずは一度現地調査を行い、トイレの設置スペースのご提案や金額のご相談をいたします。

 

トイレリフォームプラン

この記事を書いた人

ゆとりフォームさっぽろ

ゆとりフォームさっぽろ
リフォームに関する豆知識を定期的に更新していきます。