洗面台リフォーム。洗面化粧台への交換費用と内訳を知ろう!

洗面化粧台リフォーム —

305242af0083527b1aea2ade605431cc_s
 
こんにちは、ゆとりフォームさっぽろです。
毎日身だしなみを確認する洗面台。古くて狭い洗面台だと身だしなみを整えるのも一苦労です。
そこでおすすめなのが、新しい洗面化粧台へのリフォームです!
最近の洗面化粧台は身だしなみを整えたり、化粧をしやすい機能が充実しています。
新しい綺麗な洗面化粧台に変えるとおしゃれもばっちり決まりそうですよね。

今回は、代表的な洗面台リフォーム「洗面化粧台への交換リフォーム」にかかる費用や内訳についてご紹介します。
 
 

「洗面台」から「洗面化粧台」へ

洗面台と洗面化粧台は同様の言葉として使われることが多くなりましたが、築30年以上のお家やマンションに多いのが、歯磨きや洗顔をするための最低限の機能しか持ち合わせていない「洗面台」と呼ばれるものです。

一方「洗面化粧台」は、洗面台の機能に、コンセントや収納、シャワー水栓など、化粧や身だしなみを整えやすいような、機能をプラスしたものです。

洗面化粧台はさらに「ユニットタイプ」「システムタイプ」の2種類に分けられます。近年では、ユニットタイプの洗面化粧台への交換リフォームをするご家庭が増えています。
 
 

洗面台リフォーム費用と内訳について

洗面化粧台へのリフォーム費用は、洗面化粧台本体のグレードによる価格とリフォーム内容で金額が変わりますが、一般的な費用総額は7万円〜40万円程度が相場です。

リフォーム費用の内訳としては、「洗面台リフォーム費用=洗面化粧台本体の価格+基本工事費用+α」となります。

洗面化粧台本体の価格…4万円~30万円以上
基本工事費用…3万円〜4万円程度(一般的な幅60㎝〜75㎝の洗面化粧台の場合)
+αで発生する費用…床・壁紙の交換 ・キャビネットの追加・収納扉のカラー変更など
 
 

ユニットタイプの洗面化粧台へのリフォーム費用内訳事例

できるだけ費用を抑えつつ、洗面化粧台にリフォームしたいという方には「ユニットタイプ」の洗面化粧台がおすすめです。
 

ユニットタイプの洗面化粧台とは?

ユニットタイプは、鏡、照明、洗面ボウル、収納などがセットになった据え置きの洗面化粧台です。洗面化粧台としての必要な機能は概ね備わっており、費用も比較的安く済み、工期も短いのが人気の理由です。
 

〈シンプルなグレードの洗面化粧台本体交換のみの場合〉
リフォーム費用総額…約7万円〜20万円

(例)
洗面化粧台本体価格(シンプルな最低限の機能の洗面化粧台) …約4万円
基本工事費用 …約3万円
リフォーム費用総額 約7万円
 

〈スタンダードな洗面化粧台本体交換+αの場合〉
リフォーム費用総額…約15万円〜40万円
洗面化粧台だけではなく床や壁などの内装も一新する場合は+αの費用が発生してきます。床や壁の材質や洗面所の広さによって費用が変動します。
 
(例)
洗面化粧台本体価格(シャワー水栓付きなど機能面が充実) …約10万円
基本工事費用 …約 4万円
+α費用(一般的な洗面所の広さ1.25坪の床・壁紙交換) …約 5万円
リフォーム費用総額 約 19万円
 
 

システムタイプの洗面化粧台へのリフォーム費用内訳事例

毎日使う場所だからこそ、自分の好みの洗面台にしたい!という方には「システムタイプ」の洗面化粧台がおすすめです。
 

システムタイプの洗面化粧台とは?

627e8675975e9d331bbd7173de0fff1d_s

ユニットタイプが鏡やキャビネット、収納などが一体型になっているのに対して、システムタイプは、洗面ボウル、カウンター台、収納キャビネットなどのデザインや色、材質などを自分で自由に選び組み合わせるタイプの洗面化粧台です。
組み合わせによって自分の好みの洗面化粧台を作ることができますが、ユニットタイプに比べると費用が高くなる傾向があります。
 

〈システムタイプの洗面化粧台への交換+αの場合〉
リフォーム費用総額…20万円〜60万円
システムタイプの洗面化粧台の本体価格の目安はピンからキリまでありますが、中心価格帯は15万円〜30万円程度です。工事費用の目安は3万円〜10万円程度です。

システムタイプに交換する場合は、洗面化粧台本体の他にキャビネットなども追加することが多く、さらに5万円〜10万円程度の追加費用が発生する場合があります。

(例)
洗面化粧台本体価格(システムタイプ) …約20万円
基本工事費用 …約 5万円
+α費用(キャビネットの追加+床・壁紙交換) …約25万円
リフォーム費用総額 約50万円
 
 

将来のことを考えたバリアフリーの洗面台リフォーム

洗面台は家族が毎日使う設備です。将来のことを考え、ライフスタイルが変わっても洗面台が快適に使えるようバリアフリー機能を備えた洗面化粧台へのリフォームがおすすめです。
 

バリアフリー機能付き洗面化粧台とは?

車椅子に座ったままでも洗面などができる洗面化粧台です。車椅子が入るように洗面台の下部にスペースがあります。他にも、手をかざすだけで水がでる自動水栓や、洗面ボウル部分の縁が掴みやすく身体を支えやすい形状になっているなどの工夫がされています。
 

〈バリアフリー機能のある洗面化粧台へのリフォームする場合〉
リフォーム費用総額…50万円〜80万円
バリアフリー機能付きの洗面化粧台の本体価格は目安は約30万円〜です。基本工事費用は約5万円〜、さらに段差解消や手すりの取り付けなどの内装工事も施す場合は25万円程度の追加費用が発生します。

リフォーム費用総額…50万円〜80万円
バリアフリー機能付きの洗面化粧台の本体価格は目安は約30万円〜です。基本工事費用は約5万円〜、さらに段差解消や手すりの取り付けなどの内装工事も施す場合は25万円程度の追加費用が発生します。

(例)
バリアフリー機能付き洗面化粧台本体価格 …約 35万円
基本工事費用 …約 5万円
内装工事費用(段差解消・手すり設置) …約 25万円
リフォーム費用総額 約65万円
 
 

まとめ

洗面台リフォームでは使い勝手やデザインなど、何を重視するかによって費用が変わります。
自分のご家庭での毎日の生活をイメージして、必要な機能は何なのか優先順位を決めることが大切です。抑えられる費用を明確にすることができ、予算内で満足できる洗面台リフォームが可能になります。
 
 

この記事を書いた人

ゆとりフォームさっぽろ

ゆとりフォームさっぽろ
リフォームに関する豆知識を定期的に更新していきます。

関連記事

    関連記事はありません。