給湯器の温度が安定しない原因と対策を詳しくチェック!

リフォーム豆知識ブログ —

こんにちは! ゆとりフォームさっぽろです。

 

キッチンやお風呂でお湯を使っているときに、お湯の温度が安定しなくて困ったことはありませんか?

お湯が熱くなったりぬるくなったりと、温度が安定しないのにはどんな原因が考えられるでしょうか。

 

今回は給湯器の温度が安定しない原因と対策をご紹介します。

キッチンやお風呂で困ったときには、ぜひ思い出してくださいね!

Wash-the-bowl

 

 

給湯器の温度が安定しないときの原因と対策は?

給湯器の温度が安定しないと「給湯器が故障してしまった?」と思うかもしれません。

しかし、故障以外の原因で給湯温度が安定しないことは意外に多くあります。

 

キッチンで洗い物をしているときなどに、お湯の温度が下がったり上がったりすることはありませんか?

これは「冷水サンドイッチ現象」といって、故障ではありません。

 

使っていたお湯を止めてもう一度お湯を出すとき、給湯器の燃焼よりも先に水が出てきてしまうことで、「湯・水・湯」の順でお湯が出てきてしまう現象です。

機器の異常ではなく、お湯を出しっぱなしにしていれば温度が上がるので安心してくださいね。

 

そのほか給湯器の故障はないのに、お湯の温度が設定よりも熱くなる・ぬるくなる場合にはこんな原因が考えられます。

 

ガス栓や給水元栓が半開きである

ガス栓が半開きだと給湯器へガスの供給が正しく行われません。

また、給湯器では水流に勢いがないと燃焼が安定しないケースがあります。

ガス栓や給水元栓が半開きだと、ガスの供給や燃焼が安定しないためにお湯の温度に影響を与えてしまう可能性があるのです。

 

ガス栓や給水元栓に問題はないか、確認してみましょう。

 

複数の場所で同時にお湯を使っている

キッチンとお風呂と洗面台と……など、複数の場所で同時にお湯を使っていると水圧が弱くなってしまう場合があります。

水圧が弱くなると給湯器の安定した燃焼に影響が出て、お湯の温度に影響を与えてしまう可能性があります。

複数個所で同時にお湯を使用するのを避けたり、給湯器のサイズアップを検討したりしてみましょう。

 

混合栓が故障している

混合栓は、沸かしたお湯に水を加えて温度を調整する役割を持っています。

混合栓が故障すると水を足しすぎてしまい、お湯がぬるくなるケースがあります。

 

ガスメーターが故障している

ガスメーターが故障するとガスの供給が正しくされず、燃焼後すぐに失火してしまう、設定温度を高くすると失火してしまうといったことから、お湯がぬるくなってしまう場合があります。

 

混合栓やガスメーターの故障が疑われる場合は、水道業者やガス会社に連絡をして、点検、修理、交換などを依頼しましょう。

 

 

給湯器の温度が安定しない際の確認事項や注意すべき点もチェック

給湯器

先程ご紹介した原因が当てはまるか確認するためにも、給湯器でお湯の温度が安定しない場合のチェックリストを整理しましょう。

 

以下の順番にチェックをしてみると、原因を特定しやすいですよ。

 

①給湯器のリモコンをチェック

  • ・設定温度は正しいか
  • ・キッチン優先やお風呂優先など優先設定になっていないか
  • ・エラー表示が出ていないか

 

リモコンで設定を変えたことを忘れている、家族が設定を変えていたなどはよくあることです。

エラー表示が出ている場合は、取扱説明書などを確認して原因を特定し、必要に応じて業者へ連絡しましょう。

 

②水道の元栓やガス栓をチェック

  • ・水道の元栓は全開になっているか
  • ・ガス栓は全開か
  • ・ガス漏れはないか

 

水道元栓やガス栓が半開きになっていないか、ガス漏れなどがないかを確認。

もしガス漏れの可能性があるなら、換気を確保してガスの元栓を閉め、メーカーやガス会社にすぐ連絡しましょう。

 

③給湯器をチェック

  • ・使用時に異音やガス臭はないか
  • ・本体から水漏れしてないか

 

給湯機本体が故障しているという可能性も、もちろんあります。

長く使用している給湯器なら経年劣化や寿命というケースもあるでしょう。

10年以上使っているなら、交換の検討も必要になってきます。

 

反対に使い始めたばかりの給湯器なら、保証期間内として無料で修理対応を受けられる場合もあるので保証書をチェック!

いずれにしても、業者へ連絡して点検してもらいましょう。

 

ここまでチェックしておかしいところがなければ、混合栓やガスメーターのチェックも行ってみてください。

 

また、ガス栓はむやみにいじると危険なため、異臭など少しでも異常を感じたら自分で直そうとせず、業者へ相談しましょう。

 

自主的に給湯器の定期メンテナンスを実施するご家庭は少ないかと思います。

なんとなく調子が悪いなと思いながら使い続けていたら、突然使えなくなってしまった!ということも。

不調を感じたらそのままにせず、早めに業者へ問い合わせてください。

ゆとりフォームさっぽろでも給湯器の修理・交換を承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください!

 

 

まとめ

●給湯器の温度が安定しない原因は、給湯器や混合栓、ガスメーターの故障のほか、水圧が弱い、ガスの供給が正しく行われていないといったものもあります。

後者は故障ではないので、お湯の使い方や水栓、ガス栓のチェックで改善することも。

「冷水サンドイッチ現象」もお湯を出し続けることで改善します。

 

●給湯器の温度が安定しないと思ったら、まずは給湯器のリモコン表示をチェック。

温度設定や優先設定が変更になってないか、エラー表示が出ていないか見てみましょう。

その後は水栓、ガス栓をチェック。

給湯器が古い場合は経年劣化や寿命の可能性もあります。

 

札幌で給湯器のリフォームを検討の方は、ゆとりフォームさっぽろにぜひご相談ください!

お得なチラシ情報も掲載しております。

給湯機・ボイラー交換リフォーム

この記事を書いた人

ゆとりフォームさっぽろ

ゆとりフォームさっぽろ
リフォームに関する豆知識を定期的に更新していきます。