給湯器は壁掛けと据え置きどちらがいい?メリットデメリットをご紹介

リフォーム豆知識ブログ —

こんにちは!ゆとりフォームさっぽろです。

 

普段の生活には欠かせない「給湯器」。

設置場所の問題から、壁掛けか据え置きか悩む方も多いでよすね。

 

ゆとりフォームさっぽろでは、壁掛け・据え置き両方のお取り扱いがあります。

それぞれの特徴や、実際に現場での声を伺っているからこそわかるメリットデメリットをご紹介します!

給湯器リモコン

 

 

給湯器の壁掛けタイプと据え置きタイプ、それぞれの特徴は?

給湯器の壁掛けタイプと据え置きタイプについて簡単にご説明します。

 

壁掛けタイプは壁の高い位置に設置しているので、下方が空いている状態。

据え置きタイプは床に設置しており、壁掛けに比べるとサイズは大きくなります。

 

給湯器の交換では「今まで壁掛けだったから、今回も壁掛けで」といったように、同じタイプをそのまま引き継がれる方が多いです。

 

給湯器にお湯を貯めておく貯湯機能があるのは据え置きタイプのみなので、貯湯機能を求められなければ、壁掛けタイプと据え置きタイプは交換することができます。

 

費用もほとんど変わらないので、メリット・デメリットを参考に、これまでと違うタイプのものに交換するという選択肢もありますよ。

 

給湯器の壁掛けタイプと据え置きタイプのメリットはここ!

OKサインする女性

まずは壁掛けタイプと据え置きタイプのメリットから見ていきましょう。

 

【壁掛けタイプのメリット】

  • ・下方のスペースが空くので空間の有効活用がしやすい
  • ・煙突に触れにくいので火傷の心配が少ない
  • ・燃焼音が小さい
  • ・コンパクトなので故障時の対応がしやすい

 

【据え置きタイプのメリット】

  • ・貯湯機能の付いているタイプがある
  • ・給湯器上のホコリや汚れが掃除しやすい

 

壁掛けタイプだと下方のスペースが空く分、家の中への設置だと下に家具を置くなど空間を有効に使えるのが最大のメリット。

手も触れにくいので、小さなお子様がいても安心です。

 

メリットの数でいくと壁掛けタイプが優位に見えますが、お住まいの地域が地下水や井戸水を使っている場合、据え置きタイプに貯湯タイプがあることが一番のメリットとなります!

 

貯湯タイプはお湯を貯めておくため機械のサイズが大きくなってしまうので、据え置きタイプでのご用意しかありません。

 

地下水や井戸水は水質があまりよくないため、給湯器の水漏れの原因になりやすく、機械の寿命を縮めてしまいます。

このような場合は、貯湯タイプ一択です。

 

 

給湯器の壁掛けタイプと据え置きタイプのデメリットはここ!

壁掛けタイプと据え置きタイプ、それぞれのデメリットをご紹介します。

 

【壁掛けタイプのデメリット】

  • ・給湯器上の掃除がしにくい
  • ・かがんだときに頭をぶつける可能性がある
  • ・水質が良くない場合、機械に負担がかかる

 

【据え置きタイプのデメリット】

  • ・サイズが大きいので場所をとる
  • ・煙突が低い位置に付いていると火傷の危険性がある
  • ・故障時に運び出しが難しく、即日修理できないケースもある

 

壁掛けタイプは上方に取り付けるため下部の掃除がしやすい一方、上部に蜘蛛の巣が張ってしまったり、ホコリがたまったりした時に掃除がしづらいといったデメリットがあります。

設置場所によっては、頭や体をぶつけてしまうこともゼロではありません。

 

据え置きタイプはそのサイズの大きさから、修理時も壁掛けに比べて労力が必要で、修理に時間がかかってしまうようです。

 

水質が良くない場所に住んでいるといった特別な事情がない限り、給湯器のタイプはどちらを選んでも問題ありません。

 

どちらにもメリットデメリットがあるので迷うところですが、出荷台数の多さで考えると「壁掛けタイプ」が人気です。

金額や寿命の大差もないので、迷う場合は両方見積もりを出してもらって比較するのも良いでしょう。

 

 

まとめ

●給湯器には、壁の高い位置に取り付ける壁掛けタイプと、地面(床)に直置きする据え置きタイプがあります。

 

●壁掛けタイプのメリットは、コンパクトなサイズで壁に取り付けられ、デッドスペースが生まれにくいことや、燃焼音が小さいことが挙げられます。

据え置きタイプのメリットは、お湯を貯めておく貯湯タイプがあること。

井戸水や地下水を使っているご家庭には貯湯タイプの方が確実です。

 

●壁掛けのデメリットは、高い位置に設置するので掃除がしにくいことがあります。

据え置きタイプはサイズが大きいため、スペースに困るということも。

 

●水質が良くない場所に住んでいるといった特別な事情がない限り、給湯器のタイプはどちらを選んでも問題ありません。

費用や寿命も同じなので、メリット・デメリットをふまえ、今までの給湯器とは違うタイプのものを選ぶこと可能です。

 

ゆとりフォームさっぽろでは、両方のタイプの給湯器を取り扱っています。

札幌で給湯器のリフォームをご検討中なら、お気軽にゆとりフォームさっぽろへご相談ください。

給湯機・ボイラー交換リフォーム

この記事を書いた人

ゆとりフォームさっぽろ

ゆとりフォームさっぽろ
リフォームに関する豆知識を定期的に更新していきます。