和室は趣(おもむき)があってよい反面、
家具の跡が畳に残ったり今風の家具がマッチしなかったり、
畳のカビやダニに悩まされたりするケースも少なくありません。
ゆとりフォームでは使い勝手の悪くなった和室を
ライフスタイルに合った洋室へとご提案させていただきます。

ゆとりフォームで
改装のお悩みを解決!

和室を洋室に

和室before
  • 築後34年
  • 建物形態戸建
お客様の声

年をとった両親の家に同居することにしたが、和室では自分たち夫婦のライフスタイルに合わない…。

洋室after
  • 工事期間4日間
お客さまの声

両親と同居するにあたって、ベッドを置き大容量のクローゼットはゆずれなかった。そのために、畳からフローリング、押入れをクローゼットに改築しました。思った以上にクローゼットの使い勝手がよくとても満足しています。

クローゼット増設

キッチン移設before
  • 築後34年
  • 建物形態戸建
お客様の声

玄関周りに収納がなく、不便に感じていました。

キッチン移設after
  • 工事期間3日間
お客様の声

階段下のデッドスペースにクローゼットを付けていただきとても便利になりました。その時にまっすぐな階段を見て、滑り止めを提案していただき工事をしましたが足元が滑らず、安心して上り下りでき感謝しています。

2階に洗面化粧台・トイレを増設

コンロ台取替えbefore
  • 築後28年
  • 建物形態戸建
お客様の声

やっぱり2階にトイレが欲しかった。

コンロ台取替えafter
  • 工事期間7日間
お客様の声

壁紙を張り替え手摺を塗装すると、まるで新築のときからそこにあったように、すっきりと空間に溶け込んでいます。とても満足しています。

改装リフォームの
ポイント

改装は一般にライフスタイルの変化に合わせて行うことが一般的です。近年は子供の独立や定年の際に改築をする方が増えてきました。
「間取りの変更」「和室から洋室へ」「バリアフリー化」などのリフォームのご相談が多いです。
人生の節目を迎え自分の生活を見直し、ライフスタイルの変化に合わせたリフォームを検討しましょう。
(バリアフリー化は介護リフォームのポイントをご参照ください)

間取りの変更

間取りの変更は、設備の移動が含まれるかどうかで費用が大きく変わってきます。水回り(キッチン、浴室、トイレ)を移動すると、給排水管や電気の配線を動かす必要があり費用がかさむことが多いので注意しましょう。 また、部屋と部屋の間仕切りを取って広い部屋に改造する場合でも、壁自体が耐力壁になっている場合は、構造計算や補強工事をする必要がありますので費用がかさみます。信頼できるリフォーム会社を選び、予算の範囲内でできることを相談しながらリフォームプラン作成しましょう。

和室から洋室へ
改装リフォームで和室から洋室へリフォームする方は、近年とても増えています。フローリングは、掃除がしやすいことやベッドやソファなどの重い家具を気兼ねなくおけるという利点があります。 また、「床だけ(畳からフローリングへ)」「押入れをクローゼットへ」というような部分的に改築することもできますし、部屋全体を洋室にフルリフォームすることもできます。この場合もリフォーム会社と予算の範囲内でできることを相談しながらリフォームプランを作成しましょう。