狭くて洗顔や洗髪がしにくかったり、
水漏れなどによるシミや
年期による黄ばみだったり、
あらゆる劣化が目立つ洗面化粧台。

ゆとりフォームで
そんなお悩み全てを解決しましょう。

あなたの顔を映す洗面化粧台。
広々とした綺麗な洗面化粧台で、一日の始まりをパッと明るく!

ゆとりフォームさっぽろで
洗面化粧台のお悩みを解決!

洗面化粧台取替

洗面化粧台取替before
  • 築後34年
  • 建物形態戸建
お客様の声

洗面化粧台の位置、大きさを変えると使いやすいだろうなぁとずっと思っていました。でも、化粧台を移動する場所がなくて…。

洗面化粧台取替after
  • 工事期間3日間
お客さまの声

洗面台の位置を変えなくても、浴室へのドアの位置を変え、ボイラーの位置を少しずらすと、ひと回り大きな洗面化粧台に交換でき驚いています。とても使いやすくなりました。

洗面化粧台リフォームの流れ

  1. 現場調査・ご提案

    ご要望のお伺いと工事場所の調査をするため訪問。後日お見積もりとともにプラン内容をご提案します。

  2. ご契約手続き

    リフォーム内容と見積金額にしっかりとご納得いただいてからご契約。 都合に合わせて工事日程を決めます。

  3. 工事着工・近隣挨拶

    着工から完成まで責任を持って弊社が対応。ご近所様には事前にしっかりとご挨拶させていただきます。

  4. 工事完了・お引き渡し

    仕上がりにご納得いただいた上で片付け・清掃。お引き渡しをして快適な暮らしのスタートです!

洗面化粧台リフォームの
ポイント

洗面化粧台リフォームは、蛇口や排水部分が傷んでくる10〜15年が目安とされています。 また、洗面化粧台は洗顔や歯磨き以外にも「朝、洗面化粧台で髪を洗いたい」「子供の汚れた服をつけ置き洗いしたい」などさまざまなことが求めれるようになりました。メーカーの方もさまざまな機能の商品を揃えていますが、すべての希望を満たすことはなかなか大変です。ご家族でよく話し合われ優先順位をつけることをおススメします。

こんな時はリフォームのタイミングかも!?
  • 洗面ボウルのひび割れ
  • 配管や、シャワーホースからの水漏れ
  • 栓をしても水がたまらず抜けてしまう
  • 鏡が割れている
  • キャビネットの扉が壊れている
サイズ
洗面化粧台は一般的にお風呂の入り口に置かれ、同じサイズか大きいサイズへの変更がほとんどです。
リフォームの際は、まず事前に既存の洗面台の寸法をきちんと測り設置可能かどうかを確かめることが大切です。現在は奥行き寸法が以前のものに比べると長くなっていますので、忘れずに確認をしてください。
洗面ボウル
意外と見落としがちなのが、洗面ボウルの形状です。洗面化粧台で毎日のようにシャンプーをするなら洗面ボウルの底が丸いほうが懐が深く水はねしにくく使い勝手が良いです。つけ置き洗いなど洗濯をよくするご家庭なら底が平らな方がおススメです。
一面鏡は真ん中に鏡があり両サイドが収納となっている最も一般的なものですが、最近は三面鏡で、裏側すべてに収納ができるタイプが収納力がありスッキリと見えるので人気があります。使っていくうちに知らず知らず小物が増えていってしまうので、収納能力がある方が後々のためにもおススメです。

洗面化粧台リフォームの製品一覧

Vシリーズ(一面鏡)幅750mmタイプ

Vシリーズ(一面鏡)幅750mmタイプ

メーカー:TOTO

価格:¥57,000~

おすすめプラン (PDF)

PV(三面鏡)幅750mmタイプ

PV(三面鏡)幅750mmタイプ

メーカー:LIXIL

価格:¥66,000~

おすすめプラン (PDF)

リフォーム豆知識ブログ

豆知識ブログ一覧

リフォームのお悩み解決事例

お悩み解決事例一覧